Windows エージェントインストール

更新日 2017-04-02 (日) 08:25:46

Download

コンパイル済みZabbixエージェントからzabbix_agents_3.0.0.win.zip(サーバと同じバージョン)をDL.

Windownの設定

解凍後、confフォルダ配下の「zabbix_agentd.win.conf」を「zabbix_agentd.conf」にリネームして以下の設定.

### Option: LogFile
#	Log file name for LogType 'file' parameter.
#
# Mandatory: no
# Default:
# LogFile= 

## LogFile=c:\zabbix_agentd.log
LogFile=d:\zabbixlog\zabbix_agentd.log ← Logファイルのパス
## Server=127.0.0.1
Server=192.168.10.98 ←zabbixサーバのアドレス
### Option: ListenIP
#       List of comma delimited IP addresses that the agent should listen on.
#       First IP address is sent to Zabbix server if connecting to it to retrieve list of active checks.
#
# Mandatory: no
# Default:
# ListenIP=0.0.0.0
ListenIP=192.168.10.60 ←Windowサーバのアドレス
##Hostname=Windows host
Hostname=WebDAV-mFilter ←Windowサーバのホスト名
  • 解凍フォルダの中のbinフォルダの中のWin32またはWin64をC:\にコピー
  • 編集した「zabbix_agentd.conf」をc:\のWin32またはWin64にコピー
  • D:\zabbixフォルダを作成

インストール

C:\win64>zabbix_agentd.exe -i -c c:\win64\zabbix_agentd.conf
zabbix_agentd.exe [11596]: service [Zabbix Agent] installed successfully
zabbix_agentd.exe [11596]: event source [Zabbix Agent] installed successfully
  • サービスZabbix Agentを起動
  • ファイアウォール:10050を許可

zabbixサーバの設定

サーバのホストに登録(設定→ホスト→ホスト作成)後 エージェントのインターフェース(IP:監視するWindowsサーバIP/ポート:10050)を指定する。
テンプレートタブで「Template OS Windows」(選択→グループ:Templates)を指定。

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-02 (日) 08:25:46 (626d)