Xen ServerのInstall

更新日 2015-05-18 (月) 21:45:27

ESXi6上にXenserver6や5.6SP2をInstall

  • ESXi4/5/6を選択
  • ネットワークを無差別モードに設定

vSphereClientで

構成→VMが接続された標準スイッチ→プロパティ

編集→セキュリティタブ→無差別モード→承諾

自動の確認

仮想マシンプロパティ→オプション→詳細→CPU/MMU仮想化

/etc/vmware/config

vmx.allowNested = TRUE
vhv.alow = TRUE
vhv.enable = TRUE
hv.assumeEnabled = TRUE

を追記し再起動。

確認

XenのコンソールでVTが利用できるか確認

XenonESXi.png


http://www.citrix.co.jp/products/xenserver/download.html

http://www.4shared.com/file/h0nYE2dD/XenServer-56100-SP2-XenCenter.html

から、XenServer無償版とXenCenter(今回は新しい英語版を使用:XenServer-5.6.100-SP2-XenCenter)をDownload

XenServer

CDにイメージを焼きInstall

注)Supplemental Packsはあとからインストールもできるようなのでとりあえずインストールない。

VMインストール時 HVM is required for this operation. は Intel-VTがDisableになっているのが原因

XenCenter 6.x

これは、WebからではなくXenServerをインストールしたサーバに

http://(IP)/

でアクセスするとインストーラが表示される

SSHでログインしようとすと / (root)に権限がないため su okadaともできない
/ (root) に一般ユーザの権限を追加する

# cd /
# chmod a+rx .

XenCenter

これはリモート上のXenServerをコントロールするWindows上のクライアントソフト。XenServerとの接続はSSLを使用するようだ。

XenServer-5.6.100-SP2-XenCenter(英語版)でも日本語版でも大差はないようだ。

使用ポートは 443,5900のようだ

VMのインストール

ローカルのCDからとWindowsのファイル共有でCDイメージからインストールできる。 Windows上でファイル共有して、XenCenterでNewStorage -> Windows File Sharing(CIFS)で以下のように指定

XenCenter1.png

以下のように「Console」で DVR Drive1:にイメージを選択できるようになる。

XenCenter2.png

CentOSなどCDイメージからインストールできない

インストールCD/DVDのISOイメージからインストーラを起動した場合、CD/DVDドライブのデバイスドライバがないという旨のメッセージが表示され、以降のインストール作業が進められない。
インストールCD/DVDのISOイメージからインストーラを起動すると「No driver found」というメッセージが表示される

Install URL を以下のように指定しネットワークから直接インストールする必要がある。

ftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/CentOS/5.7/os/x86_64/

SnapShot Backup

  • 仮想マシンを停止
  • SnapShotsタブから「take Snapshot]ボタンでSnapshotを作成する。 作成するのに時間がかかるLogsタブや右下のゲージで確認する。
  • できたsnapshotを右クリックし、「Export to File」でTempleateをファイルに書き出す
  • TempleteファイルをインポートするXenserverのでXenCenterのメニューからFile->Importでインポートする。これも時間が少しかかるのでLog等で完了を確認する。

vmcp1.png

vmcp2.png

  • これでTempleteは左ペインのストレージ群の下に作成される。

Snapshot1.png

  • その後Templateを右クリックし、「New VM from Template」でVMを作成する。作成できるとストレージ群の上にVMとして登録される。

Snapshot2.png

  • 最後進むと

Snapshot3.png

  • うまくインポートでできると以下のようになる。(今回は同一マシン)

Snapshot4.png

ライセンス取得

ツール -> ライセンスマネージャ

  • 現在登録されているライセンスをクリックしすると「無償の XenServer のアクティブ化」のボタンが押せるようになるので押して「アクティブ化キーの取得」を選択
  • メールでライセンスが送られくる「25分くらいかかるような内容」
  • 「無償の XenServer のアクティブ化」より「アクティブ化キーの適応」を選択しUploadする

マスターパスワードの設定

初回起動時設定しなかった場合は

Tools -> Options -> Save and Restore

で設定できる

UPS

GS YUASA GE3115 + POWER VISOR S(SW-007 Rev. E)でXen Server-5.6.100-SP2がモジュール「pm_turb4.tar」で動作した。 i386で64bitでも動作するようだ。

# mount /dev/cdrom /mnt
# cd /usr
# tar xvf /mnt/free/i386/pm_redha.tar
# cd ups/bin
# ./XINSTALL -C
  • 「1.Automatic Install」を選択
  • シリアル番号を「ABCDE」、オーソライゼーションコードを「12345」
  • Select Option画面で、「Install network service:no Install X-alarm service:no」
  • System Informationの画面で「Computer Type:i386 OS Version:Linux」
  • Execution画面で「1. Execute Installation」を選択
# ./XINSTALL -C

        Main Window
----------------------------

*---*   *--*   *       * *---* +---*
|    ) /    *  *       | |     |    )
+---* *      * *   *   * +--*  +---*
|      *    /   * / * /  |     |   *
|       *--*     *   *   *---* |    *
*   * *  *--*   *--*   +--*   *====*
*   | | (      /    *  |   ) ((
*   | |  *--* *      * +--*   *====*
 * /  |      ) *    /  |  *        ))
  *   *  *--*   *--*   |   *  *====*

=====

1.Automatic Install

2.Custom Install

3.Change Set Up

4.Quit
 

===

Select one (1-4): 1



        Authorization
----------------------------

Please enter your serial number      : ABCDE

Please enter your authorization code : 12345

=====

1.Proceed to Next Screen

2.Return to Main Menu


===

Select one (1-2): 1



        Install Path
----------------------------

Install in the following directory:

        /usr/ups

If you don't like to install in this directory,
return to the `Main Menu` and quit. Please retry
installation after copying all files under your
favorite directory.

=====

1.Proceed to Next Screen

2.Return to Main Menu


===

Select one (1-2): 1



        Select Option
----------------------------

There are 2 install options.
If `network service` is answered as `no`, some
functions based on the network will become disabled.
But no port is opened and the network security level
will be increased.

Install network service (yes/no): no 

Install X-alarm service (yes/no): no

=====

1.Proceed to Next Screen

2.Return to Main Menu


===

Select one (1-2): 1



        System Information
----------------------------

Computer Type (default:i386):

OS version (default:Linux):


----------------------------

Your settings are:

Computer Type : i386
OS version    : Linux

Are the settings OK (yes/no): yes

=====

1.Proceed to Next Screen

2.Return to Main Menu


===

Select one (1-2): 1



        Execution
----------------------------

*---*   *--*   *       * *---* +---*
|    ) /    *  *       | |     |    )
+---* *      * *   *   * +--*  +---*
|      *    /   * / * /  |     |   *
|       *--*     *   *   *---* |    *
*   * *  *--*   *--*   +--*   *====*
*   | | (      /    *  |   ) ((
*   | |  *--* *      * +--*   *====*
 * /  |      ) *    /  |  *        ))
  *   *  *--*   *--*   |   *  *====*

=====

1.Execute Installation

2.Return to Main Menu


===

Select one (1-2): 1


Start... *******  UPS Server install program (Ver. 3.0)  *******
1234................56.789012345
*******  End of UPS installation program  *******



        Done... Execution
----------------------------

*---*   *--*   *       * *---* +---*
|    ) /    *  *       | |     |    )
+---* *      * *   *   * +--*  +---*
|      *    /   * / * /  |     |   *
|       *--*     *   *   *---* |    *
*   * *  *--*   *--*   +--*   *====*
*   | | (      /    *  |   ) ((
*   | |  *--* *      * +--*   *====*
 * /  |      ) *    /  |  *        ))
  *   *  *--*   *--*   |   *  *====*

===== 

1.Execute Installation (inactive)

2.Return to Main Menu


===

Select one (1-2): 2



        Main Window
----------------------------

*---*   *--*   *       * *---* +---*
|    ) /    *  *       | |     |    )
+---* *      * *   *   * +--*  +---*
|      *    /   * / * /  |     |   *
|       *--*     *   *   *---* |    *
*   * *  *--*   *--*   +--*   *====*
*   | | (      /    *  |   ) ((
*   | |  *--* *      * +--*   *====*
 * /  |      ) *    /  |  *        ))
  *   *  *--*   *--*   |   *  *====*

=====

1.Automatic Install (inactive) 

2.Custom Install (inactive) 

3.Change Set Up

4.Quit


=== 

Select one (1-4): 4

        Bye !

確認

再起動する。

/etc/rc.d/rc.localに以下が追加

#
# for UPS monitor.
#
if [ "$1" != "" -a "$1" != "start" ]; then
        exit 0
fi
if [ -x /etc/rc.ups ]; then
        /etc/rc.ups
fi
# ls /etc/rc.ups
/etc/rc.ups
# ps ax | grep ups
 7092 ?        S      0:00 /usr/ups/bin/upsd -z
 7887 pts/1    R+     0:00 grep ups
# /usr/ups/bin/upslog -ver
  TYPE OF UPS      : PowerMax
  UPS MODEL        : GE3115
  UPS VERSION      : ***
  SOFTWARE VERSION : 3.03
  VENDOR NAME      : Alfatech
  SERIAL NUMBER    : *****

確認後UPSの電源を抜くと、実際は2:30後Shutdown シーケンスが発生する。

参考

ライセンス取得


添付ファイル: fileXenonESXi.png 165件 [詳細] filevmcp2.png 127件 [詳細] filevmcp1.png 120件 [詳細] fileSnapshot4.png 123件 [詳細] fileSnapshot3.png 173件 [詳細] fileSnapshot2.png 124件 [詳細] fileSnapshot1.png 115件 [詳細] fileXenCenter2.png 134件 [詳細] fileXenCenter1.png 150件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-18 (月) 21:45:27 (1014d)