Verde設定

更新日2012-11-21 (水) 13:50:49

VERDE on Bare Metalでインストール後は以下のように設定

http://(IPアドレス):8080/mc/

にWebでVERDE Console接続

  • User mcadmin1
  • Pass 設定パスワード

ライセンス登録

コンフィグレーション->通常設定-> ライセンス

  • ライセンスコード: 取得したもの
  • 顧客名 : VERDE User

ユーザ作成

デスクトップを仮想で使用するユーザ、パスワード、ロールを設定

コンフィグレーション->管理者->ユーザ

  • ユーザ名 : stuident
  • パスワード:*****
  • ロール:仮想デスクトップユーザ

セッション設定 すでにDefaultがあるがGestOS用として設定したほうが良い RAM,CPU数,USB,使用,プロトコルを決められる

ここでプロトコルをSPICEだけにした場合、アクセス時利用できるデスクトップOSがひとつの場合はそのままデスクトップOSが起動する

Goldイメージの作成

Goldイメージ作成にはサーバのDVD等から可能だが、ISOイメージを事前に以下のISOフォルダに入れておくと利用できる

# cd ~vb-verde/

# mkdir ISO

コンフィグレーション->GOLDイメージ

  • 新規作成
  • 名前 : Win7
  • オペレーティングシステム : Windows 7
  • 次へ
  • インストールメディア : イメージファイルを選択するとISOディレクトリのISOイメージファイル名が出る
  • セッセイョン設定:先のセッション設定で作成してものを指定

この状態でステータスを確認すると「新規」「作成:進行中」になり、所有者がmcadmin1になる

その後User Console

http://(IPアドレス):8080/

に別ブラウザでアクセスし、以下でログイン

  • User mcadmin1
  • Pass 設定パスワード

以下のようなページが表示されるので初回はツールをクリック

verde1.png

以下から、ローカル入っているOSがWindowの64bitの場合は64bit+32/64bitをDownloadし、ローカルコンピュータにインストール。ローカル入っているOSがWindowの32bitの場合は64bit+32/64bitをDownloadし、ローカルコンピュータにインストール

verde2.png

その後ページを戻り、プレイボタンを押すとインストールが始まる

インストール後Windowsが起動後、XPはそのままでOKだが、Windows7はverdeドライバをインストールする。この機会はこの初回起動しかないのでこのタイミングで必ず行うCDにドライバのイメージがマウントされているので、「FinishWin7Install」を実行する。

その後、VERDE Consoleに戻り、Goldイメージのページを開くと、所有者が空欄になり、ステータスが「パブリッシュ済み」「チェックイン:完了」になる。そして、「操作」に「チェックアウト」というボタンが表示される。

これでGoldイメージが作成される。

デスクトップポリシー

コンフィグレーション->デスクトップポリシー

どのユーザがどのイメージを使用するかを指定する。

はじめからある「全てのユーザ」に割り振られたGoldイメージはユーザ指定が無い場合に適応される

ルールを追加から

  • ユーザ/グループ :student
  • 割り当てタイプ:Goldイメージ
  • Goldイメージ :作成したイメージ
  • 設定 :セッションを指定(ハード環境)

以上で設定後User Console

http://(IPアドレス):8080/

にアクセスしデスクトップユーザでログインすると利用できる。

いろいろ

Windowsの設定

この状態ではWindowsのアプリやユーザ登録はインストールできないでGoldイメージのページを開くと、「操作」に「チェックアウト」というボタンが表示されているのでクリックし、チェックアウト状態にする。

その後

http://(IPアドレス):8080/

にアクセスし、mcadmini1でログインする。

その後OSを起動後、設定を行いシャットダウンを行う。

Goldイメージのページを開き、「操作」に「チェックイン」というボタンが表示されているのでクリックし、チェックイン状態にする。

これでゲストOSを変更が終了

ゲストOSの自動ログオン

Verdeユーザと同一ユーザ名、パスワードがそんざすると。User Consoleにそのユーザでログインした場合、ゲストOS起動後そのままログオンできる。また、セッション設定でプロトコルがひとつの場合はゲストOSも自動で起動される

デスクトップユーザ(個人)設定の復元

OSの環境はデスクトップユーザでは変更できないが、個人のプロファイルはDドライブ設定されおり、壁紙等を変更することが出来る これをさせないためには、

たとえば、

  • ユーザ:student
  • Goldイメージ:Win7Pro の場合
/home/vb-verde/.verde-users/0local/student/Win7Pro/USER.IMG

のライトパーミッションを削除すればOK

自動ログオフ

ゲストOSをシャットダウンしたときWebも自動にログオフするには以下のファイルを編集

/usr/lib/verde/etc/apache-tomcat/webapps/VIA/WEB-INF/classes/uc.properties

logout.ondissconnect = false

変更

logout.ondissconnect = true

Goldイメージのインポート・エクスポート

/home/vb-verde/Win7Proなどフォルダーごとに保存すればそれが、BackUPになる

インポートは先のフォルダ(Win7Pro)ごと/home/vb-verde/.verde-users/0local/mcadmin1 に入れると

Verde ConsoleのGoldイメージの画面のインポートボタンがアクティブになりインポートできる

圧縮したほうがいいかも

# tar zcvf Win7Pro.tgz Win7Pro

Verdeサーバメニュー

サーバにログイン後

$ su

# su admin

                               キー:戻る = F5
  VERDE-6.6 (r660.16697) - メインメニュー
                                        
    1 - ネットワーク設定(サブメニュー) 
    2 - [ サーバー設定(サブメニュー) ] 
    3 - [ ブランチ構成(サブメニュー) ]
    4 - [ システムサービス開始 ] 
    5 - システムサービス停止
    6 - システムサービスおよびネットワーク構築を停止
    7 - Management Console の再起動 
    8 - サポートレポートを生成 
    9 - このサーバーを再起動 
   10 - このサーバーの電源を切る
   11 - ルートシェル(要パスワード) 
   12 - メニューからログアウト                                                 
   1-12を選択します: 5 

大半は、5のサービス停止で設定変更できるが、サーバ自身のIPアドレス等ネットワーク環境を変更するには6のシステムサービスおよびネットワーク構築を停止を行う。もっともこれではリモートできないのでサーバで操作

  • 5のサービス停止を選択
      VERDE-6.6 (r660.16697) - システムサービス停止 
    
    警告: システムサービスを終了すると、本サーバーで実行している  
           すべてのゲストセッションも終了します。  これによりデータが破損するおそれがあります
           続行する前に、本サーバーで実行中のすべてのセッションを必ず 
           終了させてください。
        システムサービス停止? [y/N] y
        システムサービスを停止しています…                                         
  • 2 - [ サーバー設定(サブメニュー) ]
    1 - サーバーのロールを設定
    2 - パブリックアドレスを設定 
    3 - 外部記憶装置を設定 
    4 - 現在のサーバー設定を表示  
    5 - サーバー設定をリセット
    6 - メインメニューに戻る                                                   

2でパブリックアドレスを設定をしていする。これは、VDIの接続にどうも必要なようだ。

このようにいくつかの変更がコンソールから可能

OpenVPNインストール

CentOS6.2.1がベースなようだが、そのままではyumでインストールできないので以下のファイルをDownload

  • lzo-2.03-3.1.el6.x86_64.rpm
  • rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64.rpm
  • rsync-3.0.6-9.el6.x86_64.rpm
  • yum-plugin-priorities-1.1.30-14.el6.noarch.rpm

その後

 /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

を編集し(priority=1)

# yum install openvpn

これでOK

不明点

  • Verdeのパブリックアドレスの複数指定
  • LEAFで起動時ゲストOS自動ログオン方法について

添付ファイル: fileverde2.png 102件 [詳細] fileverde1.png 92件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-11-21 (水) 13:50:49 (2160d)