CentOS5.x Raid1でインストール

更新日 2012-07-11 (水) 10:26:55

インストール

構成

HDDのRaid1構成

--------------------------------- sda ---------------------
|  sda1(100MB) |  sda2 (約 310GB)                         |
|  (1-13)      |  (14-38913)                              |
-----------------------------------------------------------
               +
--------------------------------- sdb ---------------------
|  sdb1(100MB) |  sdb2 (約 310GB)                         |
|  (1-13)      |  (14-38913)                              |
-----------------------------------------------------------
               ||
-----------------------------------------------------------
| md0          |  md1                                     |
| (sda1//sdb1) |  (sda2//sdb2)                            |
-----------------------------------------------------------
               |
               V
-----------------------------------------------------------
|              |  ボリュームグループ(VolGroup00)構成:md1 |
|              |------------------------------------------|
| md0          |  論理ボリューム        | 論理ボリューム  |
| [mount] /boot|  (LogVol00 292.97 GB)  | (LogVol01 5.0GB)|
|              |  [mount] / (root)      | swap            |
-----------------------------------------------------------

インストール中「パーティションレイアウトの再確認と変更」にチェックを入れる

  • 一度すべてのパーティションを削除
  • /boot用のRAIDパーティションを作成(ここは論理ボリューム化しない)
  • 「Raid」ボタン「ソフトウェアRAIDパーティションを作成します」を選択しOK
  • ファイルシステム:software RAID、を選択してサイズ:100MBを指定し、「基本パーティションにする」にチェックを入れOK
  • 「Raid」ボタン「ソフトウェアRAIDパーティションを作成します」を選択しOK
  • ファイルシステム:software RAID、を選択して「最大容量まで使用」を選択してOK

Raidパーティションの作成

  • 「Raid」ボタン「RAIDデバイスを作成するためにドライブのクーロンを作成します」を選択してOK
  • ソースドライブ:sda ターゲットドライブ:sdbを選択してOK
  • 「クーロンドライブ」を選択

/boot用RAIDデバイス作成

  • 「Raid」ボタン
  • 「RAIDデバイスを作成します」を選択してOK
マウントポイント: /boot
ファイルシステムタイプ: ext3
RAIDデバイス: md0
RAIDレベル: RAID1
RADIメンバー: sda1 , sdb1

LVM用RAIDデバイスの作成(/ と swap)

  • 「Raid」ボタン「RAIDデバイスを作成します」を選択してOK
ファイルシステムタイプ: physical volume(LVM)
RAIDデバイス: md1
RAIDレベル: RAID1
RADIメンバー: sda2 , sdb2
  • 「LVM」
ボリュームグループ名: VolGroup00
物理エクステンション: 32MB
使用する物理ボリューム:md1
  • 「追加」を押す

/ 用論理ボリューム作成

マウントポイント: /
ファイルシステム: ext3
論理ボリューム名: LogVol00
サイズ: 3000000
  • OKボタン

swap用論理ボリューム作成

  • 「追加」を押す
マウントポイント:
ファイルシステム: swap
論理ボリューム名: LogVol01
サイズ: 15000
  • OKボタン

以上で終了

HDDの修復

Raidの片側が破壊し、新しいHDDを入れたときの処理

状況確認

# cat /proc/mdstat
Personalities : [raid1]
md0 : active raid1 sda1[0]
      104320 blocks [2/1] [U_]

md1 : active raid1 sda2[0]
      312464128 blocks [2/1] [U_]

unused devices: <none>

/dev/sdaが無事で/dev/sdbを交換

# /sbin/fdisk -l

Disk /dev/sda: 320.0 GB, 320072933376 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 38913 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1   *           1          13      104391   fd  Linux raid 自動検出
/dev/sda2              14       38913   312464250   fd  Linux raid 自動検出

Disk /dev/sdb: 320.0 GB, 320072933376 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 38913 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1               1       38914   312568832    7  HPFS/NTFS

Disk /dev/md1: 319.9 GB, 319963267072 bytes
2 heads, 4 sectors/track, 78116032 cylinders
Units = シリンダ数 of 8 * 512 = 4096 bytes

ディスク /dev/md1 は正常な領域テーブルを含んでいません

Disk /dev/md0: 106 MB, 106823680 bytes
2 heads, 4 sectors/track, 26080 cylinders
Units = シリンダ数 of 8 * 512 = 4096 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System

パーティション作成

# /sbin/fdisk /dev/sdb
コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本領域 (1-4)
p
領域番号 (1-4): 1
最初 シリンダ (1-38913, default 1):
Using default value 1
終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (1-38913, default  38913): 13

コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本領域 (1-4)
p
領域番号 (1-4): 2
最初 シリンダ (14-38913, default 14):
Using default value 14
終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (14-38913, default 38913):
Using default value 38913

コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sdb: 320.0 GB, 320072933376 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 38913 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1               1          13      104391   83  Linux
/dev/sdb2              14       38913   312464250   83  Linux

コマンド (m でヘルプ): t
領域番号 (1-4): 1
16進数コード (L コマンドでコードリスト表示): fd
領域のシステムタイプを 1 から fd (Linux raid 自動検出) に変更しました

コマンド (m でヘルプ): t
領域番号 (1-4): 2
16進数コード (L コマンドでコードリスト表示): fd
領域のシステムタイプを 2 から fd (Linux raid 自動検出) に変更しました

コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sdb: 320.0 GB, 320072933376 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 38913 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdb1               1          13      104391   fd  Linux raid 自動検出
/dev/sdb2              14       38913   312464250   fd  Linux raid 自動検出

コマンド (m でヘルプ): wq
領域テーブルは交換されました!

ioctl() を呼び出して領域テーブルを再読込みします。

警告: 領域テーブルの再読込みがエラー 16 で失敗しました: デバイスもしくはリソー スがビジー状態です。
カーネルはまだ古いテーブルを使っています。
新しいテーブルは次回リブート時に使えるようになるでしょう。
ディスクを同期させます。

再起動

デバイスのADD

# /sbin/mdadm /dev/md0 -a /dev/sdb1
mdadm: re-added /dev/sdb1
# /sbin/mdadm /dev/md1 -a /dev/sdb2
mdadm: re-added /dev/sdb2

# cat /proc/mdstat
Personalities : [raid1]
md0 : active raid1 sdb1[1] sda1[0]
      104320 blocks [2/2] [UU]

md1 : active raid1 sdb2[2] sda2[0]
      312464128 blocks [2/1] [U_]
      [>....................]  recovery =  0.2% (700480/312464128) finish=81.5min speed=63680K/sec

unused devices: <none>

GRUBの設定

両方のドライブから起動可能なように2台のHDDにGRUBを設定する。
この場合2台目のHDDから起動するときは起動HDDが/dev/sdbになるか/dev/sdaになるかまだわからない(1台のHDDのときはそれだ常にSATAの場合はsdaになるようだ)

新しくHDDを追加したときは後半のroot (hd1,0)、と setup (hd1) だけを行った

# /sbin/grub
grub> root (hd0,0) <=起動パーティションの指定(/dev/sdaの第1パーティション /bootのパーティションを指定)
 root (hd0,0)
 Filesystem type is ext2fs, partition type 0xfd
grub> setup (hd0)  <=MBRにGRUBをインストール (/dev/sda)
 Checking if "/boot/grub/stage1" exists... no
 Checking if "/grub/stage1" exists... yes
 Checking if "/grub/stage2" exists... yes
 Checking if "/grub/e2fs_stage1_5" exists... yes
 Running "embed /grub/e2fs_stage1_5 (hd0)"...  15 sectors are embedded.
succeeded
 Running "install /grub/stage1 (hd0) (hd0)1+15 p (hd0,0)/grub/stage2 /grub/grub.conf"... succeeded
Done.

grub> root (hd1,0) <=起動パーティションの指定(/dev/sdbの第1パーティション /bootのパーティションを指定)
root (hd1,0) 
 Filesystem type is ext2fs, partition type 0xfd
grub> setup (hd1) <=MBRにGRUBをインストール (/dev/sdb)
 setup (hd1)
 Checking if "/boot/grub/stage1" exists... no
 Checking if "/grub/stage1" exists... yes
 Checking if "/grub/stage2" exists... yes
 Checking if "/grub/e2fs_stage1_5" exists... yes
 Running "embed /grub/e2fs_stage1_5 (hd1)"...  15 sectors are embedded.
succeeded
 Running "install /grub/stage1 (hd1) (hd1)1+15 p (hd1,0)/grub/stage2 /grub/grub.conf"... succeeded
Done.
grub> quit

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-07-11 (水) 10:26:55 (2055d)