はじめてのNode-Red

更新日 2017-07-23 (日) 09:31:17

Node-Redとvnc の自動起動

rc.localの最後、exit 0の前に記述

  • /etc/rc.local
# Edit by JE2ISM
/usr/bin/node-red-start &

/etc/init.d/tightvnc start

exit 0

OS起動時の自動起動のプロセス(サービス)表示

$ service --status-all
 [ - ]  alsa-utils
 [ + ]  avahi-daemon
 [ + ]  bluetooth
 [ - ]  bootlogs
 [ - ]  bootmisc.sh
 [ - ]  checkfs.sh
(以下略)

Raspberry Piを利用して、サーバの死活を確認する。応答がないときはランプを点灯させる。

  • Node-Redを使用しPingを送信、2秒以上応答または応答がないときランプ点灯
  • Pingは5秒ごとに送信
  • Webにもアクセス時の応答時間を表示

Node-Redはnodeを接続するだけで条件判断や、Raspberry PiのGPIOに出力できる。 関数node「f]にはjavascriptを記述することが出来る。 node間の情報はmsg.payloadという変数で受け渡しをする。(細かいことは今後勉強)

作成物と回路図

パトライト2.jpg

回路.png

ライト点灯実験

簡単1.png

簡単2.png

  • 「Pause」を入れることで停止させる。実行時はこのブロックを抜く。

簡単3.png

  • 条件文は「===」のようだ

簡単4.png

全体図(pingで監視)

ping1.png

各nodeの中身

ping2.png

ping3.png

ping4.png

ping5.png

ping6.png

ping7.png

ping8.png

ping9.png

ping10.png

実行結果

ping11.png

参考

  • 日経Network 2017年7月号 p.74

添付ファイル: file簡単4.png 41件 [詳細] file簡単3.png 40件 [詳細] file簡単2.png 37件 [詳細] file簡単1.png 39件 [詳細] fileパトライト2.jpg 41件 [詳細] fileping11.png 33件 [詳細] fileping10.png 36件 [詳細] fileping9.png 35件 [詳細] fileping8.png 36件 [詳細] fileping7.png 37件 [詳細] fileping6.png 43件 [詳細] fileping5.png 38件 [詳細] fileping4.png 41件 [詳細] file回路.png 36件 [詳細] fileping3.png 36件 [詳細] fileping2.png 39件 [詳細] fileping1.png 39件 [詳細] fileパトライト.jpg 25件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-23 (日) 09:31:17 (278d)