* *PXEでGhostイメージの展開 [#k1d6b25a]

RIGHT:更新日&lastmod();

**概略 [#n3e93d4f]

TFTPサーバとDHCPサーバを設定し、TFTPサーバ上にBootイメージ等を置きそこからブートさせる。

***必要なソフト [#jd77a66f]

''Boot用カーネル''

syslinuxの中にある/core/pxelinux.0と/memdisk/memdisk。

syslinuxは[[ここ:http://www.kernel.org/pub/linux/utils/boot/syslinux/]]からsyslinux-4.02.zip等Downloadして展開するとフォルダ構造ができるので上記の2つファイルを抽出。

''FDのイメージ化''

Ghostの起動FDを1つのイメージする。GhostのFDは2枚組なため1枚目をイメージ化しその後そのイメージ化したファイルのフォーマットを2.88MBに変更する

FDからイメージ作成ソフトRawWrite for Winを[[ここ:http://sourceforge.jp/projects/freshmeat_rawwriteforwindows/resources/]]からDownload

FDイメージの容量を変更するソフトWinImageを[[ここ:http://www.winimage.com/download.htm]]からDownload(シェアウエア?)

''TFTPとDHCPサーバ''

[[ここ:http://tftpd32.jounin.net/tftpd32_download.html]]からtftpd32 standard edition (zip)をDownloadする。

**設定 [#xa7494c6]

***イメージファイルの作成 [#uc7ec822]

+適当なフォルダ(e.g. pxe_ghost)を作成	
+RawWriteWinを起動し、Readタブで保存ファイル(e.g. boot_fd1.img)を適当に指定してReadボタンで読み込み
+WinImageを起動し、boot_fd1.imgを開く。
+Image => Change Formatで2.88MBを指定する
+2枚目のFDからGhost.exeをghostフォルダにドラッグ&コピーで追加
+boot.imgというファイル名でpxe_ghostに保存

&ref("./PXE_Ghost3.png");
CENTER:WinImage(2.88MBにしたところ)

***Bootシーケンスの作成 [#c580504f]

+適当なフォルダ(e.g. pxe_ghost)などにpxelinux.0、memdiskをコピーし、&color(red){pxelinux.org};というフォルダを作成
+pxelinux.orgの中にファイル名が使用するネットワークアドレスのファイル名を作成す+るたとえば192.168.50.0でデュプリケートするにはC0A832というファイルを作成し以下の内容を書き込む

 default memdisk
 label memdisk
 kernel memdisk
 append initrd=boot.img

***DHCP&TFTPの起動 [#ga9e76c5]
tftp32を起動しSettingタブで以下のようにSetする
Base Directoryに先ほどのイメージや設定などのあるフォルダ pxe_ghostを指定する

&ref("./PXE_Ghost.png");

&color(red){注;VMWareでは上記で動作したが実機では以下のように変更しないとうまく動作しなかった};

SettingのDHCP Optionで以下のように変更した

-Ping address berfore…のチェックを外す
-Persistant leasesのチェックを外す
-Bind DHCP to this addressにチェックを入れる

DHCPでは以下のようにセット

&ref("./PXE_Ghost2.png");


あとはクライアントを起動するとうまく動いた

**Windows PE + Ghost + tftpd32 [#y80056ed]

いままでDOSイメージでPXEを動作させていたが、Windows PEで動作させるには
Ghostブートウイザードで WindowsPEを選択する

次にTCP/IPネットワークブートイメージを選択しつづけ

TFTPルートディレクトリでたとえば C:\PXE_Rootを選択し~
名前をboot.imgにするし、続けると

C:\PXE_Rootの下にbootというフォルダができ以下のファイルが作成される

bcd, boot.sdi, bootimg.wim, bootmgr.exe, pxeboot.n12

その後tftpd32でDOSと同じように設定するが

SettingのDHCP Optionで以下のように変更した
***Setting [#kbbc15a8]
DHCP Optionで以下のように変更した

-Ping address berfore…のチェックを外す
-Persistant leasesのチェックを外す
-Bind DHCP to this addressにチェックを入れる

Advance tftpdオプションでは

-Allow '\' As …にチェックを入れる

DHCPタブでは
TFTP Securityオプションでは

-Read Onlyにチェックを入れる

***DHCPタブでは [#ac74714b]

-Current Directory : C:\PXE_Root
-BootFile : \boot\pxeboot.n12

を指定する



**参考 [#p978000d]

-http://gstudio.xrea.jp/blog/2008/04/ghostpxe.htm
-http://d.hatena.ne.jp/palm84/20070403/1175609650

-http://tonchitei.web.fc2.com/computer/WinPE20.html

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS