Windows XP ETC

更新日 2012-11-12 (月) 13:12:49

「NTLDR is missing」エラーの対応

Windows XP セットアップ



Enter=続行  R=修復  F3=終了

Rの修復を選択

Microsoft Windows XP(TM)回復コンソール
回復コンソールはシステムの修復と・・・・・


1: C\WINDOWS


どのWindowsインストールにログオンしますか?・・・・
) 1


C:\WINDOWS>cd c :\
C:\>copy D:\i386\NTDETECT.COM
C:\>copy D:\i386\ntldr
C:\>copy D:\i386\bootfont.bin
C:\>bootcfg /rebuild

パスワード有ユーザの自動ログオン

複数ユーザがいる中で指定ユーザで起動時自動ログオンする方法

control userpasswords2

で「ユーザアカウント」起動後

自動ログオンさせたいユーザを選択し、「ユーザがこのコンピュータを使う・・・・」のチェックを外す。

Office2003でのトラブル

制限付きユーザでWordなどを立ち上げる時「SKU011.CABが見つからない」ようなエラーが出るときはレジストリを書きかえる

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\11.0\Delivery\{(GUID)XX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX}

CDCacheの値を"0"にする

tasklist

c:\> tasklist /M

/Mでモジュール(dll)を表示

C:\ > tasklist /M xxx.dll

でxxx.dllを使用している実行ファイルを表示する

attrib コマンドで属性変更、表示を行うことができる。

netstatコマンド

接続先アドレスやポート及び状態を表示

C:\>netstat

Active Connections

 Proto  Local Address          Foreign Address        State
 TCP    p5b-vmdo:1029          localhost:40000        ESTABLISHED
 TCP    p5b-vmdo:5152          localhost:1260         CLOSE_WAIT
 TCP    p5b-vmdo:6999          localhost:1267         TIME_WAIT
 TCP    p5b-vmdo:6999          localhost:1269         TIME_WAIT
 TCP    p5b-vmdo:6999          localhost:1273         TIME_WAIT
 TCP    p5b-vmdo:6999          localhost:1278         TIME_WAIT
 TCP    p5b-vmdo:6999          localhost:1282         TIME_WAIT
 TCP    p5b-vmdo:40000         localhost:1029         ESTABLISHED
 TCP    p5b-vmdo:1045          uso5004.abc.ac.jp:8089  ESTABLISHED
 TCP    p5b-vmdo:1101          125.56.203.81:http     CLOSE_WAIT
 TCP    p5b-vmdo:1293          minipc.ism21.net:https  TIME_WAIT

Foreign Address:相手アドレス:ポート

State

LISTENING通信相手からの接続を待っている状態
SYN_SENT通信相手に接続要求を送った状態
ESTABLISHED通信相手と接続状態
FIN_WAIT接続の終了処理中の状態
CLOSE_WAIT通信相手から接続終了のパケットを受け取り、終了処理を行っている状態
TIME_WAIT通信の終了待ち状態(ポート番号等再利用させないよう一定時間待っている)

オプション

<数値>繰り返し時間(妙)
-aすべての接続状態、ポートを表示
-nname情報使用せず、番号で表示
-r経路情報表示
-sプロトコルごとの統計情報の表示
-p<プロトコル名>指定プロトコル(TCP,UDP,TCPv6,UDPv6)の接情報表示
-b各接続のプロセスID,プロセス名を表示
-v-bと同時使用でコンポーネント名をあわせて表示
-eイーサネット統計情報表示
C:\>netstat -b

Active Connections

 Proto  Local Address          Foreign Address        State           PID
 TCP    p5b-vmdo:1029          localhost:40000        ESTABLISHED     2028
 [PcCtlCom.exe]

 TCP    p5b-vmdo:40000         localhost:1029         ESTABLISHED     544
 [TmPfw.exe]

 TCP    p5b-vmdo:1045          uso5004.abc.ac.jp:8089  ESTABLISHED
1932
 [java.exe]

 TCP    p5b-vmdo:1101          125.56.203.81:http     ESTABLISHED     2944
 [jusched.exe]

 TCP    p5b-vmdo:1231          125.56.203.50:http     ESTABLISHED     1928
 [opera.exe]

Windowsの概要表示

> msinfo32

制限つきユーザでのボリューム名変更

通常は、制限つきユーザではUSBMO、USBメモリのフォーマットやボリューム名の変更ができない。

管理ツール -> ローカル セキュリティポリシー -> ローカルポリシー

 -> セキュリティオプション

デバイス:リムーバブル メディアを取り出すのを許可する

Administrators => Administartors と Interactive Users

に変更する

Home Edistionは無理みたい

CD-ROM自動起動を無効にする

WindowsXP
レジストリの値により、CD-ROMとリムーバブルドライブの無効になる組み合わせがある

設定値CD-ROMリムーバブル
dword:00000091有効有効
dword:00000095有効無効
dword:000000b1無効有効
dword:000000b5無効無効

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer の以下の値

"NoDriveTypeAutoRun"=dword:000000b5

この例では両方自動起動は無効

Windows2000

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Cdromの以下の値

"Autorun"=dword:00000000

この例はCD-ROMが無効  => 有効は値が"1"

回復コンソールへ自動ログイン

sysprepで後回復コンソールにAdministratorでログオンできない場合があるときは以下の設定を行い自動ログオンさせる

レジストリで

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WindowsNT\CurrentVersion\Setup\RecoveryConsole

SecurityLevel =>1

Proは以下の方法もあり

コマンド : secpol.msc

ローカルポリシー -> セキュリティオプション

回復コンソール:自動管理ログオンを許可する => 有効

MBRの復旧

  • インストールCDで起動
  • セットアップへようこそ」というメッセージが表示されたら、Repair(修復)の「R」
  • コマンドプロンプトモードに移行
  • FIXMBR [Enter]
  • 新しい MBR を書き込みますか? =>Y
  • 「新しいブートレコードは正しく書き込まれました。」
  • 再起動

サービスにプログラムを登録

追加

C:>sc create hoge binPath= "C:\Program Files\hoge\hoge.exe"

注)「binPath= "C:」で=の後にスペース入れる
       ^^^
削除

C:>sc delete hoge

Vistaでは管理者でコマンドプロンプトを実行する必要あり。

MSでのソフトのDLのときに認証関係

C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Windows Genuine Advantage
のフォルダにあるフォルダをリネームして、フォルダと同じファイル名の空ファイルを作成する

Updateに失敗したときの対処

DownloadはできるがInstallできないようなエラーでlog(\Windows\KBxxxxxx.log)に「update.ver が正しくありません。」と残るような場合は
ここにあるように以下のコマンドを実行する

> %Windir%\system32\net.exe stop bits
> %Windir%\system32\net.exe stop wuauserv 
> %Windir%\system32\regsvr32.exe %Windir%\system32\atl.dll 
> %Windir%\system32\regsvr32.exe %Windir%\system32\jscript.dll
> %Windir%\system32\regsvr32.exe %Windir%\system32\msxml3.dll
> %Windir%\system32\regsvr32.exe %Windir%\system32\softpub.dll 
> %Windir%\system32\regsvr32.exe %Windir%\system32\wuapi.dll
> %Windir%\system32\regsvr32.exe %Windir%\system32\wuaueng.dll 
> %Windir%\system32\regsvr32.exe %Windir%\system32\wuaueng1.dll 
> %Windir%\system32\regsvr32.exe %Windir%\system32\wucltui.dll 
> %Windir%\system32\regsvr32.exe %Windir%\system32\wups.dll 
> %Windir%\system32\regsvr32.exe %Windir%\system32\wups2.dll 
> %Windir%\system32\regsvr32.exe %Windir%\system32\wuweb.dll 
> %Windir%\system32\net.exe start bits
> %Windir%\system32\net.exe start wuauserv

また「\Windows\Sytem32\SoftwareDistribution\Download\ad9c4c2a779933f83b51a49a2c88838d\update」の下のディレクトリにもインストールされない状態で残るので直接インストーラを起動してもインストールできるが、問題の根本解決にならない

XPライセンス番号の書き換え

HKEY_COCAL_MACHINE\SoftWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\WPAEventsの

oobetimerのはじめの1byteを消去 ca 82 b8 ..... <=caを削除

ca 82 b8 ...はXPノーマルでSP1,SP2では異なるかも(またこの方法はSP1,SP2では未確認)

c:\windows\system32\oobe\msoobe.exe /aを起動 => ライセンス認証が起動

ライセンス認証で

  1. 「....電話にてライセンス認証......」を選択
  2. 「ロダクトキーの変更」を押す
  3. Keyを入力
  4. 「更新」ボタンを押す
  5. 「後で通知する」を押す

システムリブート => 再度msoobe.exe /aを起動してライセンス認証済みを確認(VLのとき)

コントロールパネルの非表示にし起動制限をする

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer

「NoControlPanel」でキーDWORDで作成し「1」をsetして一度ログオフしログオンする

WindowsXP/2Kで特定プログラム起動を禁止する

レジストリの HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\ CurrentVersion\Policies\Explorer の中にDWORD値、「DisallowRun」を作成

値を1にする

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\ CurrentVersion\Policies\Explorer の中に「DisallowRun」というキーを作成

そのキーの中に1,2,3・・・と順にDWORD値を作成し、その中に実行ファイル名

例えばmspaint.exeと指定する(この場合ペイントが実行しなくなる)

その後再起動。

ただし、名前を変えられたら効力なし。

WindowsXPProでは

管理ツール->ローカルセキュリティポリシー->ソフトウェアの制限のポリシー(無ければ作成)

->追加の規則->操作(メニュー)->新しいハッシュの規則でファイルを指定するとそのハッシュコードが登録される

その後再起動

Windows Updateでの正規ユーザ確認が取れない場合

どうも、初版Xpでおこるような感じがする。

確認が完了できない : 確認を実行できないというページが表示されたら

下記サイトにアクセス ダウンロードの詳細 : DirectX 9.0c End-User Runtime (http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=0a9b6820-bfbb-4799-9908-d418cdeac197&displaylang=ja&Hash=XBTVT68)

「確認が必要です」の左の「続行」ボタンを押す

「正規の Microsoft ソフトウェア」の左の「ダウンロード」ボタンが表示されたらブラウザを閉じ、PCを再起動

再度WindowsUpdateを実行する

XPの上書きインストール

WindowsXPのCD-ROMでインストーラを起動。

「セットアップの開始」で回復コンソールを使って修復ではなく(Rを押さないで) WindowsXPのセットアップ・・・・を選択(Enterを押す)

ライセンス認証では同意します。

その後Windows XP のセットアップで、修復したいOSを選択して「R=修復」を押す

その後インストールが開始される。

エクスプローラで起動時目的のフォルダをオープンさせるには

ショートカットのリンク先に

EXPLORER.EXE /n,/e,C:\usr

のように記入

「マイコンピュータ」などの特殊フォルダを開きたい場合、次のように CLSID を指定します。

Explorer /n,/e,::{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}

IEのデスクトップのショートカットキーで開くとき新しいwindowで開くには

ツール->インターネットオプション->詳細設定-> ショートカットを起動するためにウインドウを再利用する。 のチェックをはずす。

アプリケーション起動時にプロセス優先順位を設定するには

アプリケーションのプロセス優先順位を設定したショートカットを作成する場合は、次の 手 順を実行してください。

優先度を指定したいプログラムのショートカットを作成します。 作成したショートカットを右クリックして [プロパティ] をクリックします。 「リンク先」を次のように書き換えて「OK」します。

変更前

パス名><実行ファイル名> 例:"C:\Program Files\Windows Media Player\mplayer2.exe"

cmd /c start /d<パス名> /<優先度> <実行ファイル名> 例:cmd.exe /c start /d"C:\Program Files\NetMeeting" /HIGH conf.exe

優先度は以下のように /HIGH や /LOW で指定します。

タスクマネージャでの優先度の指定 START コマンドでの優先度の指定

リアルタイム   /REALTIME

高        /HIGH

通常以上     /ABOVENORMAL

通常       /NORMAL

通常以下     /BELOWNORMAL

低        /LOW

Windows XPのntpサーバを登録するには

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\DateTime\Servers

のデータに「3」を追加し、あたらしいサーバの文字列を追加

擬似ウイルスコード

X5O!P%@AP[4\PZX54(P^)7CC)7}$EICAR-STANDARD-ANTIVIRUS-TEST-FILE!$H+H*

上の一行をテキストファイルの1行目に書くと擬似ウイルスファイルができる 2行目以降には何を書いても良い。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-11-12 (月) 13:12:49 (2018d)