VMWare(GuestOS Windows)

更新日 2017-05-11 (木) 06:38:13

VMのBIOSメニューへの移行時間の変更

.VMXファイルに以下を追加(3秒に設定)

BIOS.BootDelay ="3000"
  • BIOS画面は「F2」を押す

Windows VistaRC1のインストール時の注意

インストールするときWindows is loading files という黒い画面で先に進まなくなるので vmxファイルに以下の2行を追加する

svga.maxWidth = "640"

svga.maxHeight = "480"

その後VMToolをインストールしたあと、一度WindowsをShutdownして削除する

ちなみに、VMToolsもメニューからインストールしてもインストーラが起動しないので、 CD-ROMの中身(VMtoolsをインストールするときはそのイメージがCD-ROMにマウントされる)からSetup.exeを実行する必要がある。

仮想ディスクを拡大

以下のコマンドで容量変更ができる

> vmware-vdiskmanager -x 15GB xxx.vmdk

vramの容量指定

vmxファイルに以下のいずれか設定

# VGAカードのVRAM容量の設定
# svga.vramSize = "16777216" #VRAM 16MB
# svga.vramSize = "33554432" #VRAM 32MB
# svga.vramSize = "67108864" #VRAM 64MB
# svga.vramSize = "134217728" #VRAM 128MB

Guest(Windows3.1)

MS-DOS/V5.0 + Windoes3.1でインストール

通常のようにFDDからMS-DOSをインストール。インストールご再起動すると起動しなかったので、Config.sysでいくつコメントアウト(余分なデバイスもメモリ節約のためカット)

'DEVICE=C:\DOS\EMM386.EXE 1024

'DEVICE=C:\DOS\MSIMI.SYS /D*C:\DOS\MSIMER.DIC /DC:\DOS\MSIME.DIC\ /C1 /N A1

また AUTOEXEC.BATでDOS SHELL

その後、このドライブをXPのゲストOSにマウントし、Windows3.1のCDをWIN31CDというディレクトリを作成しすべてコピー

SVGA(1024X768)のインストール準備

LANドライバのインストール準備

Window3.1のインストール

通常のようゲストOSを起動しにC:\WIN31CD中のSETUPを実行

SVGAのインストール

  • MSDOS起動後C:\SVGAでsvga.exeを実行し解凍
  • VMWare用「VGAPATCH P」を実行してパッチを当てる
  • Windows起動後「メイン」-> 「Windowsセットアップ」 -> 「設定」 -> 「基本ハードウェアの変更」から「ディスプレイ」で Super VGA 1024X768 256 Large」を選択
  • いくつか古いが置き換えるかと聞かれてたら「はい」を選択した
  • その後再起動

DOSからc:\WINDOWS中のSetupを実行してもよい。

LAN ドライバ インストール

  • twsk30d.exeを実行するとファイルが解凍されるので、install.exeをWindows上から実行
  • デフォルトでC:\TRUMPETにインストールされる
  • このときIP等のネットワーク情報を入力(DHCPは未対応)
  • pcntpk.comとwinpkt.comをC:\TRUMPETにコピー
  • AUTOEXEC.BATに以下の2行を追加
C:\TRUMPET\pcntpk.com INT=0x60
C:\TRUMPET\winpkt.com 0x60

インストール後「TRUMPET WINSOCK」アイコンを起動するとネットワーク設定画面が出るのでFileからSetup

Win31_2.png

Win31.png

  • 再起動

ネットワーク使用時はTrumpetWinsockのアイコンから起動しておく必要あり。またこのとき一番したにNetWorkのパラメータが表示される。変更するにはFile->Setupで修正できる。

LAN ドライバのインストール2

先のTRUMPET(twsk30d.exe)を実験インストールしていてこれがシェアウェアで30日試用版だったが 昔、CenterNET PC/TCPを購入していたのでこちらに変更することに。

TRUMPETはC:\Windows\PROGMAN.INIからグループを削除すればいいみたい Windows起動時細かい設定は今のところ無視

このソフトはAllidさんのNICを使用するようになっているので、PC/TCPのみでインストールし、パケットドライバを使用するように設定

Dos側のインストール

一応バックアップ、autoexec.batとconfig.sysをバックアップ

  • Setup Disk #1 で 「install」を実行
  • メニューにしたがってインストール以下のメニューが出たら「PC/TCPのみインストール」を選択
    アライドテレシス製イーサネットアダプタ
    他社製品イーサネットアダプタ
    PC/TCPのみインストール
  • ドライバの種類では「パケットドライバ」を選択
    パケットドライバ
    ODIワークステーションドライバ
    NDISドライバ
  • その後はデフォルトインストール

''Windowsでのインストール

バックアップ

C:\> cd \windows
C:\WINDOWS> mkdir bak
C:\WINDOWS> copy *.ini bak
C:\WINDOWS> copy *.grp bak
  • Setup Disk #1 で 「Setup」を実行
  • あとはデフォルトでメニューどおり

先の以下のコマンドは必要なのでC:\PCTCPにでもコピーしautoexec.batに追加

C:\pctcp\pcntpk.com INT=0x60
C:\pctcp\winpkt.com 0x60
^^^^^^^^^^^^^^^^2行追加場所は以下の内容の前にする必要有

(以下がインストールされた内容)
rem Added by PC/TCP Ver4.1 Install Program
PATH=C:\PCTCP;%PATH%
SET PCTCP=C:\PCTCP\PCTCP.INI
ethdrv

 

  • 再起動

添付ファイル: fileWin31_2.png 413件 [詳細] fileWin31.png 265件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-11 (木) 06:38:13 (529d)