SharePoint2013にDBの追加

更新日2016-03-06 (日) 12:55:29

Microsoft® SQL Server® 2012 Expressの10GBしか管理できないが、DBを追加し、サイトごとSQLインスタンスを作成し、その中にDBをsharepointのDBを作成し、SharePointとしては10GB以上に保存できるようにする。

追加SQLインスタンスをインストール

同一サーバ上にSQLServer2012SP1のSQLインスタンスを追加インストール

  • SQLEXPRWT_x64_JPN.exeを起動

2つ目のDBInstall_1.png

2つ目のDBInstall_2.png

2つ目のDBInstall_3.png

2つ目のDBInstall_4.png

2つ目のDBInstall_5.png

  • 戻るをクリックすると使用する容量が表示される

2つ目のDBInstall_5-2.png

SharePoint 2013でデータベースを指定

Windows2012R2のアプリから「SharePoint 2013サーバの全体管理」を起動

  • コンテンツデータベースの追加

SP-2つ目のDB_1.png

SP-2つ目のDB_2.png

サイト作成のデータベースの指定方法

SharePoint は、サイトコレクションが作成されるとき、既存コンテンツデータベースの中で、最も「最大サイト数−現在のサイト数」が大きいコンテンツデータベースを選択します。 そこで、意図的にこの数値(最大値)を変更すれば、どのコンテンツデータベースが選ばれるかを制御できます。

たとえば、次のように設定したとします。

  • Content_DB_1 : 最大サイト数 10 、作成されているサイト数 5
  • Content_DB_2 : 最大サイト数 10、作成されているサイト数 0

新規にサイトコレクションを作成すると、Content_DB_2 に新たにサイトが作成されます。

上のページにあったので

最大サイトが8000で現在サイトが0のWSS_Content_3にサイトが作成できる

DB指定でサイト作成_1.png

サイトコレクションでサイト作成

DB指定でサイト作成_2.png

としたが、WSS_Content_2に作成された、そこで、「サイトコレクションレベルの警告」を3000に変更したら、WSS_Content_3に作成できた

DB指定でサイト作成_3.png

サイトごとのファイルのアップロード容量の確認

各サイトの8GBで計16GBの容量が保存できた(別DB管理)

SP容量確認.png

参考


添付ファイル: fileSP容量確認.png 62件 [詳細] fileSP-2つ目のDB_2.png 61件 [詳細] fileSP-2つ目のDB_1.png 51件 [詳細] fileDB指定でサイト作成_3.png 36件 [詳細] fileDB指定でサイト作成_2.png 55件 [詳細] fileDB指定でサイト作成_1.png 40件 [詳細] file2つ目のDBInstall_5-2.png 53件 [詳細] file2つ目のDBInstall_5.png 52件 [詳細] file2つ目のDBInstall_4.png 62件 [詳細] file2つ目のDBInstall_3.png 56件 [詳細] file2つ目のDBInstall_1.png 63件 [詳細] file2つ目のDBInstall_2.png 65件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-06 (日) 12:55:29 (808d)