Share Point 2013をタスクタスクスケジュールで自動バックアップ

更新日2016-05-07 (土) 03:01:42

自動バックアップShell

以下のようなPowerSehellのスクプリプトを作成。日付ディレクトリに毎日バックアップををとり、7日後削除する.

  • 保存先UNCパス:\\Vmwin7-32net01\spbackup

AutoSPBK.PS1

Add-PsSnapin Microsoft.SharePoint.Powershell -ErrorAction SilentlyContinue

# Backup SharePoint Farm
$today = (Get-Date -Format yyyy-MM-dd)
[IO.Directory]::CreateDirectory("\\Vmwin7-32net01\spbackup\SharePoint\$today")
Backup-SPFarm -Directory \\Vmwin7-32net01\spbackup\SharePoint\$today -BackupMethod full

# Remove Old SharePoint Backup Folders

$BackupTimespan = 7
$RemoveBackupID  = [DateTime]::Now.AddDays(-1 * $BackupTimespan)
$BackupFolderPath = "\\Vmwin7-32net01\spbackup\SharePoint"
dir $BackupFolderPath | where {($_.Mode -eq "d----") -and ($_.LastWriteTime -lt $RemoveBackupID)} | rm -recurse -force
  • 1日前: [DateTime]::Now.AddDays(-1)
  • 1月前: [DateTime]::Now.AddMonths(-1)

確認

管理者権限でコマンドプロンプトを起動

%SystemRoot%\system32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe C:\Sprict\AutoSPBK.PS1

タスクスケジュールに登録

autoSPbk1.png

autoSPbk2.png

autoSPbk3.png

autoSPbk4.png

autoSPbk5.png

autoSPbk6.png

autoSPbk7.png

autoSPbk8.png

SharePointでバックアップの確認

autoSPbk9.png

復元

autoSPbk10.png

  • 担当者IDに注意。復元者のIDと合わせる必要がありそう
  • SSLのキーのインポートが必要な場合もある。(その時はバインドも必要)

復元後にサインイン画面が表示され、「資格情報」を選択する画面が表示する対策

以下のような画面が表示。認証プロバイダーが2重になっているような感じかな?

リストア_サイン.png

対策

スタートボタン→SharePoint 2013 サーバの全体の管理

Web アプリケーションの管理[Webアプリケーション]

SharePoint-80をポイント

認証プロバイダーをクリック

領域にあるすべてについて以下を行う

  1. レーム認証の種類
  2. 統合 Wndows認証のチェックを外す
  3. 保存
  4. 統合 Windows認証のチェックを付ける
  5. 保存

参考


添付ファイル: fileautoSPbk10.png 40件 [詳細] fileリストア_サイン.png 48件 [詳細] fileautoSPbk9.png 45件 [詳細] fileautoSPbk8.png 46件 [詳細] fileautoSPbk7.png 50件 [詳細] fileautoSPbk6.png 53件 [詳細] fileautoSPbk5.png 43件 [詳細] fileautoSPbk4.png 44件 [詳細] fileautoSPbk3.png 49件 [詳細] fileautoSPbk2.png 47件 [詳細] fileautoSPbk1.png 45件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-07 (土) 03:01:42 (805d)