Windows VistでWindows7を制御

更新日2017-07-16 (日) 06:46:55

Vista(外部)からWindows7(内部LAN)のデスクトップをリモートデスクトップ機能でコントロールする

設定条件

  • 外部から制御をおこなうためLinuxサーバ経由でsshでポートフォワードを行う
  • Windows7を立ち上げるため、Linuxからマジックパケットを投げWake ONさせる

構成図

    -----------------------------
    |  外部PC                    |
    |                            |
    |  local port 3390           |
    ------------------------------
           |
           |port 22
    --------------------------------
    |  Router                      |
    |   IP Foward                  |
    |   Port 22 => Linux の Port22 |
    -------------------------------
           |
           |port 22
    ----------------------------------
    |  Linux                         |
    |   Wol を実行                   |
    |  SSH 転送 WindowsPC のPort3389 |
    |                                |
    ----------------------------------
           |
           |port 3389
    ---------------------------------
    |   Windows PC                  |
    |    Wake ON & Remote DeskTop   |
    |                               |
    ---------------------------------

Wake ONの設定

Windows7用のPCのBIOS画面で以下の設定を行う(マザーにより異なる 今回: miniPC)

Wake ON LAN    Enable

Windows上のデバイスマネージャのNICのプロパティ (NICより異なる 今回: )

  • Wake on Magic Packet Enable
  • Wake on Pattern match Enable

NIC.png

ただし、Shutdownを一度して電源を切った状態からでないとうまく動作しなようだ

P5k-V(ASUS)

BIOS

Power menu ⇒ APM Configuration ⇒ Power On By PCIE Devices
Enabled

NIC ドライバ Attansic L1 Gigabit Ethernet 10/100/1000Base-T Controller

Shutdown Wake up ⇒ ON
Wake Up Capabilities ⇒ Magic Packet

Linux上の設定

sshの設定

sshdで別マシンにパケットを投げるために以下を追加

/etc/ssh/sshd_config

AllowTcpForwarding yes

マジックパケット

マジックパケットを投げるためにwolをインストール

# apt-get install wol

実行

$ wol 192.168.10.255 00:01:80:62:AC:4C

wol (ブロードキャスト) (目的PCのMAC)

注;このブロードキャストは送り先のIPのブロードキャストではなく、自分が属しているネットワークのブロードキャスト

Windows7の設定

win7.png

Teratermの設定

SSHポート転送で

  • ローカルポート 3390
  • リモート側ホスト 192.168.10.203
  • ポート 3389 <=これがWindowsのリモートデスクトップのポート

注意:過去に別のクライアントで使用したポートは接続されているような内容で接続できない場合あるのでその時はローカルポート番号を変更する

vistaの設定

アクセサリー -> リモートデスクトップ

このとき、本来のリモートディスクトップのポートは3389であるが同じのローカルホストでもうまく動かないので3390に指定

rdesktop1.png

画面の指定は

rdesktop2.png

あとはTeraTermでLoginしていればOK

Shutdown

リモートデスクトップではShutdownボタンがないので

リモートディスクトップ上で、Ctrl+Alt+End

or

コマンドプロンプトから shutdown /s

を行う

多段SSHで接続

  • Teratermの転送設定
    • ローカルのポート: 3001
    • リモート側ホスト: localhost ポート: 3002
  • HOSTAにTeratermで接続

HOSTA:

$ ssh mz80.ism21.net -L 3002:192.168.10.65:3389

HOSTB(mz80.ism21.net) :

  ------PC----------         ----Linux----     --Linux--  Port  ----------
  | Teraterm       |   ssh   |   Host A  | ssh | Host B|   3389 |Windows |
  | Port 3001      |=========| Port 3002 |=====|       |========|192.168 |
  | Rhost localhost|         |           |     |       |        |  10.65 |
  | Rport 3002     |         -------------     ---------        ----------
  ------------------
  • Teraterm で HostAに接続し、自分のローカルポートの3001にパケットを投げるとHOSTAのポート3002に向かう
  • HOSTAでは自分のポート3002に投げらたパケット(Teatermの転送設定の箇所[リモート側ホスト: localhost ポート: 3002])接続先HOSTBを経由し、192.168.10.65のポート3389に投げる
  • localhost:3001 → Host A:3002 →HOST B経由 → Windows:3389
  • Teraterm ポート転送の設定

多段SSH.png

リモート側ホストに「localhost」と入力すると次に表示させたときは空白になる

  • ○○小学校も接続できた(自宅からOpenVPNを接続しないで)
  • local→openvpnサーバ→openvpnクライアント→Windowsサーバ
  • $ssh 192.168.33.41 -L 3003:192.168.85.61:3389

3段の場合

PC(Port:3001) → HOST A(Port:3002) → HOST B(Port:3003) → HOST C(経由) → Windows (Port:3389)
  1. Teraterm → HOSTA (localの3001から、HOST Aの3002へ)
  2. [okada@HOST A]$ ssh mz80.ism21.net -L 3002:127.0.0.1:3003 (HOST Aのlocalの3002をHOST Bの3003へ)
  3. [okada@HOST B]$ ssh 192.168.10.204 -L 3003:192.168.10.65:3389 (HOST Bのlocalの3003をHost Cを経由してWindowsの3389へ)
  4. [okada@HOST C]$
ssh (IP1) -L (Port1):(IP2):(Port2)
コマンドを実行するホスト(IP2)のPort1に来たパケットをホスト(IP1)のPort2に投げる

参考

Porxy経由でTeratermを接続する

Teraterm_proxy1.png

Teraterm_proxy2.png

リモート アシスタンス

招待状を作成時最後に以下のエラーが出た場合

プログラムを開始できませんでした。再試行してください。

コンピュータをセーフモードで起動、もしくは Administrator 権限を持つアカウントでログオン

コマンドプロンプト

> sessmgr -service

その後再起動

この作業を行うとなぜかghostでデュプリケートしたPCでUSBメモリが2回目または2個目を認識しない現象(デバイスは認識するがドライブレターが割り当てられない)が修正される。因果関係は不明

参考


添付ファイル: file多段SSH.png 25件 [詳細] fileTeraterm_proxy2.png 65件 [詳細] fileTeraterm_proxy1.png 57件 [詳細] fileNIC.png 154件 [詳細] filewin7.png 152件 [詳細] filerdesktop2.png 200件 [詳細] filerdesktop1.png 156件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-16 (日) 06:46:55 (224d)