MS Office2016のKMS認証サーバの設定

更新日2017-11-08 (水) 18:47:53

Microsoft Office 2016 の KMSサーバをWindows10Pro (Ver.1709)にインストール

インストール

以下からDL

  • Microsoft Office 2016 ボリュームライセンスパック

o2016kms-1.png

o2016kms-2.png

o2016kms-3.png

ここの「はい」ボタンを押すとWindows8用の「リモート サーバー管理ツール 」のDownload先に飛ぶので(2017年11月時点)、以下のWindows10用の「リモート サーバー管理ツール 」をDL。

  • Windows 10 用のリモート サーバー管理ツール

o2016kms-4.png

o2016kms-5.png

o2016kms-6.png

o2016kms-7.png

o2016kms-8.png

o2016kms-9.png

o2016kms-10.png

設定

インストール完了後3つ目図の「いいえ」押し、コマンドプロンプトで「Enter」キーを押すと以下の認証サービスの設定に入る。

o2016kms-11.png

o2016kms-12.png

  • KMSサーバ(自分自身のサーバ)を選択する。

o2016kms-13.png

o2016kms-14.png

  • MS Office KMS キーを入力

o2016kms-15.png

o2016kms-16.png

o2016kms-17.png

o2016kms-18.png

o2016kms-19.png

  • 完了画面で「次へ」を押し設定を変更

o2016kms-20.png

  • 設定内容
  • KMSファイアウォールの例のすべてにチェック(パブリックは外したほうがよさそう)
  • DNSレコード:発行にチェック (WorkStationグループなのでコンピュータ名でアクセスできるようになる)

o2016kms-21.png

o2016kms-22.png

クライアント側の設定

認証開始まで5台クライアントが必要なのですべてに以下の設定をする。

管理者権限でコマンドプロンプト起動

  • KMSサーバをIPで指定の時
  • KMSホスト:192.168.31.170

cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs" /sethst:192.168.31.170

C:\Windows\system32>cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs" /sethst:192.168.31.170
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.812
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

---Processing--------------------------
---------------------------------------
Successfully applied setting.
---------------------------------------
---Exiting-----------------------------
  • KMSサーバをコンピュータ名で指定の時
  • KMSホスト:win10-kms-sv
C:\Windows\system32>cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs" /sethst:win10-kms-sv
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.812
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

---Processing--------------------------
---------------------------------------
Successfully applied setting.
---------------------------------------
---Exiting-----------------------------

クライアント コンピューター ID (CMID)表示

C:\Windows\system32>cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs" /dcmid
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.812
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

---Processing--------------------------
---------------------------------------
Client Machine ID (CMID): 3e23bcfd-2f39-4b29-a0a9-0939bf0174b0
---------------------------------------
---Exiting-----------------------------

クライアント コンピューター ID (CMID)のリセット

同じCMIDだと認証依頼を同じコンピュータだとサーバが判断し、認証数が増えないようだ。方法は2つあようだ

1)ospprearmはクライアント コンピューター ID (CMID) がリセットされる。これは、KMS ホストが CMID を使って一意のクライアント数を判断するために重要。CMID をチェックするには、コマンド ospp.vbs /dcmid を使う。

C:\Windows\system32>"C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\ospprearm"
Microsoft Office rearm successful.
  • 再起動

または以下の方法

2)ライセンス認証のタイマをリセットし、一意の クライアント コンピューター ID (CMID)を設定するには、対象のコンピュータで Rearm プロセスを実行する必要があります。

  • cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /rearm
C:\Windows\system32>cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /rearm
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.812
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

コマンドは正常に完了しました。 
変更を有効にするにはコンピューターを再起動してください。
  • CMIDリセットすると以下のようになくなる
cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs" /dcmid
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.812
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

---Processing--------------------------
---------------------------------------
Client Machine ID (CMID): Not found.
---------------------------------------
---Exiting-----------------------------

手動認証

手動認証を行うとCMIDが作成される。これでKMSサーバの「現在の数:」が+1する。

cscript "%programfiles%\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs" /act
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.812
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

---Processing--------------------------
---------------------------------------
Installed product key detected - attempting to activate the following product:
SKU ID: dedfa23d-6ed1-XXXX-85dc-XXXXXXXXXXXX
LICENSE NAME: Office 16, Office16StandardVL_KMS_Client edition
LICENSE DESCRIPTION: Office 16, VOLUME_KMSCLIENT channel
Last 5 characters of installed product key: DRTFM
ERROR CODE: 0xC004F038
ERROR DESCRIPTION: The Software Licensing Service reported that the product 
could not be activated. The count reported by your Key Management Service (KMS
)is insufficient. Please contact your system administrator.
NOTICE: A KB article has been detected for activation failure: 0xC004F038
FOR MORE INFORMATION PLEASE VISIT: http://support.microsoft.com/kb/2870357#Error0xC004F038
---------------------------------------
---------------------------------------
---Exiting-----------------------------
  • CMIDが作成
C:\Windows\system32>cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs" /dcmid
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.812
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

---Processing--------------------------
---------------------------------------
Client Machine ID (CMID): 664d8304-5231-4878-a867-d4446795d41e
---------------------------------------
---Exiting-----------------------------

ライセンスキーなどステータス表示

C:\Windows\system32>cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs" /dstatus
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.812
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

---Processing--------------------------
---------------------------------------
PRODUCT ID: 00340-XXXXXXX-00000-AA587
SKU ID: dedfa23d-6ed1-XXXX-85dc-XXXXXXXXXXXX
LICENSE NAME: Office 16, Office16StandardVL_KMS_Client edition
LICENSE DESCRIPTION: Office 16, VOLUME_KMSCLIENT channel
BETA EXPIRATION: 1601/01/01
LICENSE STATUS:  ---LICENSED---
ERROR CODE: 0x4004F040 (for information purposes only as the status is licensed)
ERROR DESCRIPTION: The Software Licensing Service reported that the product was
activated but the owner should verify the Product Use Rights.
REMAINING GRACE: 179 days  (259190 minute(s) before expiring)
Last 5 characters of installed product key: DRTFM ↓
 現ライセンスキーで汎用ボリューム ライセンス キー (GVLK)になる
Activation Type Configuration: ALL
        DNS auto-discovery: KMS name not available
        KMS machine registry override defined: win10-kms-sv:1688
        Activation Interval: 60 minutes
        Renewal Interval: 2880 minutes
        KMS host caching: Enabled
---------------------------------------
---------------------------------------
---Exiting-----------------------------

実際の認証作業

クラアントの再起動や、Excel等を起動する。

サーバ側で以下のコマンドを実行し現在の数を5以上になると認証ができる。 クライアントにはキーの入力は不要

  • office2016の確認
cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /dlv 98ebfe73-2084-4c97-932c-c0cd1643bea7
  • インストール直後

o2016kms確認.png

  • クライアント5台が認証したとき(この時はクライント側は「認証済」になる)

o2016kms確認-2.png

KMSサーバ設定変更のとき

図のツールを使用する(管理者で起動が必要)

VLTool.png

参考


添付ファイル: fileVLTool.png 163件 [詳細] fileo2016kms確認-2.png 88件 [詳細] fileo2016kms確認.png 142件 [詳細] fileo2016kms-22.png 113件 [詳細] fileo2016kms-21.png 128件 [詳細] fileo2016kms-20.png 167件 [詳細] fileo2016kms-19.png 82件 [詳細] fileo2016kms-17.png 75件 [詳細] fileo2016kms-16.png 115件 [詳細] fileo2016kms-15.png 86件 [詳細] fileo2016kms-18.png 82件 [詳細] fileo2016kms-14.png 79件 [詳細] fileo2016kms-13.png 121件 [詳細] fileo2016kms-12.png 85件 [詳細] fileo2016kms-11.png 158件 [詳細] fileo2016kms-10.png 127件 [詳細] fileo2016kms-9.png 162件 [詳細] fileo2016kms-8.png 121件 [詳細] fileo2016kms-7.png 162件 [詳細] fileo2016kms-6.png 140件 [詳細] fileo2016kms-5.png 157件 [詳細] fileo2016kms-4.png 119件 [詳細] fileo2016kms-3.png 125件 [詳細] fileo2016kms-2.png 92件 [詳細] fileo2016kms-1.png 93件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-08 (水) 18:47:53 (348d)