Exchane2013のBackup

更新日 2015-04-07 (火) 21:50:06

Exchangeのバックアップには以下の2つがある

  • ドキュメントレベル
  • データベースレベル

ドキュメントレベルのバックアップ

動作させるまで以下のようなことを行った

  • Exchange2013にSP1を適用
  • ExchDocWrapper.exe の手動登録
  1. バックアップやリストアが実行されていないことを確認し、CA ARCserve Backup のコンソールを全て閉じた状態で CA ARCserve Universal Agent サービスを停止
  2. コマンド プロンプトを開き、Exchange Agent の Document Level ディレクトリに移動 デフォルトの場所 : C:\Program Files\CA\ARCserve Backup Agent for Microsoft Exchange Sever\Document Level
  3. 以下のコマンド(を実行し、ドキュメント レベル エージェントを登録
     ExchDocWrapper.exe -regserver
  4. CA ARCserve Universal Agent サービスを開始
  • Microsoft Exchange MAPI and CDO 1.2.1をインストール

以下からDL

http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=42040

  • ユーザ名をcarootに変更

Exchange-a.png

  • バックアップサブミット時のセキュリティーおよびエージェント情報で

ドメインAdministratorを指定

以下のような階層構造が確認できた

DocLevelBackup.png

リストア

サブミットで以下のように指定

DocLevelRst1.png

DocLevelRst2.png

DocLevelRst3.png

データベースレベルバックアップ

Fileのバックアップと同じようにできた

参考


添付ファイル: fileDocLevelRst3.png 87件 [詳細] fileDocLevelRst2.png 89件 [詳細] fileDocLevelRst1.png 83件 [詳細] fileDocLevelBackup.png 115件 [詳細] fileExchange-b.png 33件 [詳細] fileExchange-a.png 97件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-07 (火) 21:50:06 (1262d)