Spiceのページ

Spiceのシュミレーション結果

Spice等のインストールおよび設定について

◆ Spice

spiceのインストールはspice3f5sbins.tgzはコンパイルは

./util/build linux

で行うがエラーが発生するため(Red Hatではエラーするようだ)spice3f5sbins.tgz というバイナリのものを展開し、そのなかの /spice以下を/usr/localに移動し、.cshrcに/usr/local/spice/bin のパスを追加する

set path=($path /usr/local/spice/bin)

spice使用方法は ここにあります。

ご本家のページはここです。


◆ TkSpice

tkspiceはtcl/tkを利用したspiceのGUIインターフェイスです。解析結果をgunplotで表示する機能もあります。インストールはtkspice.tar.gzを展開し/usr/localに移動します

.cshrcに/usr/local/tkspice/binのパスを追加する。およびTKSPICE_HOMEの環境変数を設定する。

      set path=($path /usr/local/tkspice/bin)
      setenv TKSPICE_HOME /usr/local/tkspice

さらに /usr/local/tkspice/bin/tkspiceの1行目のwishのpathの変更の必要があれば

#! /usr/bin/wish8.0jp

のwish8.0jpのパスを指定変更する

以前は詳しい情報が こちらにあったのですが今はリンクが切れてます。


◆ gnuplot

gnuplotのインストールはgnuplot-3.7.tar.gzを/usr/local/srcで展開し

      cd gnuplot-3.7
      ./configure
      make
      make install

OSをVine2.1.5に変更後gnuplot-3.7.1をインストールしようとしたら make中にterm/gif.trmの365行でエラーした。この行をコメントアウトしてmakeをおこなった。結果gifファイル出力できなくなった。 そのため画像出力はpngファイルに変更。 手順はgifと同じでgif指定をpngに変更するだけでよい。 これでインストール完成。

EPSファイルへの出力の仕方

       gnuplot> set terminal postscript eps
       gnuplot> set output 'test.ps'
       gnuplot> plot sin(x)

以下の手順でgifファイルを作成

      gnuplot> set xlabel 'Time(sec)'
      gnuplot> set ylabel 'Volte(V)'
      gnuplot> set title 'ECL Buffer1'
      gnuplot> set grid
      gnuplot> set terminal gif
      Terminal type set to 'gif'
      Options are 'small size 640,480 '
      pngの場合
      gnuplot> set terminal png
      gnuplot> set output 'test_ECL.gif'
      gnuplot> plot 'test_ECL.plt' using 2:3 title 'IN' w l, 'test_ECL.plt' using 2:4 title 'Q3 bace' w l, 'test_ECL.plt' using 2:5 title 'OUT' w l

plotオプション

    usig 2:3---->plotするtextファイルの2列目がX,3列目がYになる
    title 'IN'-->Xの凡例を付ける
    w l -------->「with line」の略で、値を線でむすぶ。

また以下のようなecl-1.pltという手順ファイルを作成し

gnuplot ecl-1.plt

でもOK

ecl-1.pltファイル

set xlabel 'Time(sec)' set ylabel 'Volte(V)' set title 'ECL Buffer1' set grid set terminal png set output 'ecl-1.png' plot 'test_ECL.plt' using 2:3 title 'IN' w l, 'test_ECL.plt' using 2:4 title 'Q3 bace' w l, 'test_ECL.plt' using 2:5 title 'OUT' w l

gnuplot参考ページ


◆ Xcirucuit

回路図作成CADでファイルをPost Script形式で保存する。 xcircuit-2.0a10.tar.gzを解凍し

       xmkmf
       make
       make install
       make install.man

リソースファイルパラメータ


◆ Xelcad

回路図作成CAD。インストール方法はこのソフトの前に xformsというライブラリをインストールする必要がある bxform-088-glibc.tgzを/usr/local/srcで展開し、

       cd xforms
       make demo (これでエラーがないことを確認する)
       make
       make install

その後xelcad-src.tgzを/usr/local/src/xelcad-srcで展開し、.xelcadをホームディレクトリにコピーし

      cd xelcad-src/put_me_anywhere
  Makefineの「LIBDIR = -L/usr/X11R6/lib」を追加編集する
      make

その後はこのディレクトリ内で./xelcadで実行。.cshrcのPATHにこのディレクトリのパスを追加してもよい


◆ pcb

基板設計のためのCADです。インストールは/usr/local/srcで pcb-1.6.3.tar.gzを展開し、日本語パッチを当てたらOKです

       equium:/usr/local/src> tar zxvf pcb-1.6.3.tar.gz
       equium:/usr/local/src> patch -p0 < pcb-jmenu.patch
       equium:/usr/local/src> cd pcb-1.6.3
       equium:/usr/local/src/pcb-1.6.3> xmkmf -a
       equium:/usr/local/src/pcb-1.6.3> make
       - - - - - - - - - -
       Output written on pcb.dvi (67 pages, 359900 bytes).
       Transcript written on pcb.log.
       creating pcb.ps file
       make[1]: dvips: Command not found
       make[1]: *** [pcb.ps] Error 127
       make[1]: Leaving directory `/usr/local/src/pcb-1.6.3/doc'
       make: *** [all] Error 2
      (Tex関係のエラーが出るが無視してよい)

equium:/usr/local/src/pcb-1.6.3> su [root@equium pcb-1.6.3]# make install


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-03-14 (水) 09:13:24 (2294d)