Solaris Tips 1

更新日 2007-10-16 (火) 09:11:53

manの日本語表示

.cshrcに
setenv LANG ja
を追加

CPU数、周波数の確認方法(Dual CPUマシン)

$ psrinfo -v
Status of processor 0 as of: 06/23/2003 21:46:44
  Processor has been on-line since 06/23/2003 21:44:02.
  The i386 processor operates at 412 MHz,
        and has an i387 compatible floating point processor.
Status of processor 1 as of: 06/23/2003 21:46:44
  Processor has been on-line since 06/23/2003 21:44:05.
  The i386 processor operates at 412 MHz,
        and has an i387 compatible floating point processor.

タイムゾーン

$ cat  /etc/default/init
TZ=Japan
CMASK=022

パワーコントロール

/etc/rc2.d/S85Power
を消すとパワーセーブが聞かなくなる。

デスクトップコントロール(CPU DISK横のアイコン) ->電源管理ツールでも制御できる。

ログイン画面(CDE)の日本語メニュー化

/etc/default/initに

LANG=ja

を追加する。

または、

# cp -r /usr/dt/config/ja /etc/dt/config

/bin/shでのlogin時環境変数の設定(root)

/.profileに書く

PATH=/usr/bin:/usr/ucb:/etc:.
PATH=/usr/ccs/bin:/usr/local/bin:/opt/sfw/bin:/usr/openwin/bin:"$PATH"
export PATH
LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib
export LD_LIBRARY_PATH
EDITOR=vi
export EDITOR
(cshではsetenv EDITOR vi)

su -
で環境変数を読み込む。

shellも/sbin/shから/bin/bashに変えたほうが使いやすい。

/bin/cshでのlogin時環境変数の設定

環境変数は別のシェルにも値が有効になるが、シェル変数は無効になる。
Cシェルの場合

% set a=cat (set a dog は不可)
% setenv b dog (setenv b=cat は不可)

% csh
% echo $a
a: Undefined variable(Error)
% echo $b
dog

となる

削除はunset, unsetenv

Bシェルの場合

$ a=cat (set a=cat, set a catは不可)

Cシェルでは環境変数にするためにsetenvを使用する。Bシェルではsetした後 exportする。

setenv a cat : Cシェル
export a=cat : Bシェル

Cシェルでのシェル変数は

set a=cat

で定義できる。

alias setprompt 'set prompt="'`hostname`':`pwd`@`whoami`%"'
setprompt
alias cd '\!\! ; setprompt'
\!\!は直前のコマンドでこの場合はcd /xxxが実行されている
はずなので\!\!にはcd /xxxが入る。

.cshrcのサンプル

# @(#)cshrc 1.11 89/11/29 SMI
umask 022
set path=(/bin /usr/bin /usr/ucb /etc .)
set path=(/usr/local/bin /opt/sfw/bin /usr/ccs/bin /usr/openwin/bin /usr/sbin $path)
setenv LD_LIBRARY_PATH /usr/local/lib
if ( $?prompt ) then
        set history=32
endif

alias setprompt 'set prompt="'`hostname`':`pwd`@`whoami`%"'
setprompt
alias cd '\!\! ; setprompt'
alias chdir '\!\! ; setprompt'
alias pushd '\!\! ; setprompt'
alias popd '\!\! ; setprompt'

set history=100 savehist=100
set noclobber ignoreeof

setenv EDITOR vi
setenv LANG ja

ping

SolarisでICMPを利用したtracerouteは以下のようにする 通常ではSolarisはUDPを利用するので、pingが通らないとき 利用する。

$ traceroute -I (IPアドレス)

swap領域の確認

$ swap -l
swapfile             dev  swaplo blocks   free
/dev/dsk/c0d0s1     102,1       8 524464 524464

vipw

/usr/ucb/vipwコマンドを実行中、強制終了させると
/etc/ptmp というファイルが残り、以後vipwコマンドがbusyのため使用できなくなる そのときはこのファイルを削除する



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-10-16 (火) 09:11:53 (3956d)