qpopper

更新日 2008-05-27 (火) 11:23:10

qpopperのインストール

Vine4.xではrpmでxinedで起動なので以下のようにする

$ /sbin/chkconfig --list
nscd            0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
keytable        0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
haldaemon       0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
messagebus      0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
portmap         0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
xinetd          0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
nfslock         0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
irqbalance      0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
kudzu           0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off

(略)

mdmonitor       0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
xfs             0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
xinetd based services:
        qpopper:        off    <=  disable = noなのに表示はなぜかoff
        time-udp:       off
        daytime:        off
        chargen-udp:    off
        echo-udp:       off
        time:   off
        echo:   off
        daytime-udp:    off
        chargen:        off
        services:       off
        rsync:  off

/etc/xinetd.d/qpopper

{
        flags                   = REUSE NAMEINARGS
        socket_type             = stream
        wait                    = no
        user                    = root
        server                  = /usr/sbin/in.qpopper
        server_args             = qpopper -s -p 2 -R  <==このように変更
        instances               = 110
        disable                 = no                  <=noを確認
        port                    = 110
        per_source              = 90
}

Vine3.xではlibpamとgdbm-develがないので、pam-devel-0.77-38vl2.i386.rpmと gdbm-devel-1.8.0-20vl1.i386.rpmを先にインストール

とくにgdbm-develがないとmake時に pop_user.c:xxx: `DBM' undeclared (first use in this function) というエラーで止まる。

qpopperをinetd経由で起動する。 APOPで認証を行う。

$ tar zxvf qpopper4.0.4.tar.gz
$ cd qpopper4.0.4
$ ./configure \
  --enable-apop=/etc/pop.auth \
  --with-popuid=pop
(inetdではなく直接起動させるときは --enable-standaloneをつける
起動は # /usr/local/sbin/popper -S -s -p 2 -R -t /var/log/pop3.log)

$ make
$ su
# make install
cd /etc

inetd.conf

pop-3   stream  tcp     nowait  root    /usr/sbin/tcpd /usr/local/sbin/popper -s -t /var/log/pop3.log -p 2 -R

を追加。

-s:Log出力
-t:LogFile の指定
-R:DNSの逆引き中止
-p:
 0 : デフォルト。APOPデータベースに含まれない人だけ平文パスワードを許可
 1 : APOPデータベースに含まれていない人も含めてすべてのユーザーに対して
    平文パスワードを不許可
 2 : APOPデータベースに含まれている人も含めてすべてのユーザーに対して
    平文パスワードを許可
 3 : loop-backからの接続にだけ平文パスワードを許可
# touch /var/log/pop3.log
# kill -HUP (PID)

もしrpmインストールときはapopでデータベースを初期化するために以下のコマンドを実行

# /usr/sbin/popauth -init
Really initialize POP authentication DB?    <=yesを入力

行わないと以下のエラーが出る

/usr/sbin/popauth: unable to open POP authentication DB /etc/pop.auth:

あとは個人ごとに APOP パスワードを設定しておきます。

$ /usr/local/sbin/popauth
Changing only APOP password for okada.
New password: hogehoge
Retype new password: hogehoge

popauth使用方法

認証データベースファイル(/etc/pop.auth)の作成

# popauth -init

ユーザの追加

# popauth -user testuser testpasswd
Adding only APOP password for testuser.

ユーザの一覧を表示

# popauth -list ALL
testuser   : APOP

ユーザの削除

# popauth -delete testuser
Warning: deleting user "testuser"

mailに届いたメールをuso5003[192.xxx.xxx.xxx]に転送

mailのokadaのホームディレクトリに

.forward

\okada@matsusaka-u.ac.jp, okada@[192.xxx.xxx.xxx]

とする。

npopqの設定を自宅からはsmtpをmail.matsusaka-u.ac.jp
popサーバを192.244.75.247にし、APOPのアカウント
をokadaとし、パスワードを同じにすればpop-before-smtpも
無事クリア。(別に同じでなくてもOKみたい?)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-27 (火) 11:23:10 (3556d)