DHCPサーバの設定

更新日2008-08-25 (月) 11:41:40

DHCPサーバの実験は実ネットワークで行うと他のPCが間違えるので、VMWareで行った。 VineLinuxマシン(DHCPサーバ)には2つのネットワークカードを指定し1つは実ネットワークへのブリッジ、もう一つは仮想ネットワーク(カスタム:仮想ネットワーク [VMnet2])へ接続し、WindowsXP(DHCPクライアント)は仮想ネットワーク(VMnet2)に接続した。 VMnet2上でDHCPが動作するか確認をおこなった。

Download/Install

VinePlusからDownload Linux/Vine/VinePlus/3.1/i386/pool/dhcp-3.0pl2-6vl1.i386.rpmをDownload rpmでインストール。

# rpm -ivh dhcp-3.0pl2-6vl1.i386.rpm

設定

設定ファイルを作成 /etc/dhcpd.conf

# ドメイン名
option domain-name "abc-u.ac.jp";

#DNS サーバ。複数ある場合は , で区切る。IPアドレス、ホスト名。
#なぜかVine4.2でDNSと同じIPだとns.abc-u.ac.jpのようなHost名で指定すると、
#クライアントに配信されず127.0.0.1がクライアントで指定される
#よってIPアドレスで指定する
option domain-name-servers ns.abc-u.ac.jp, 192.168.100.1;

default-lease-time 7200;
max-lease-time 14400;

ddns-update-style ad-hoc;

#ネットワーク名及びsubネットワークを指定
shared-network ISMNET {
  subnet 192.168.100.0 netmask 255.255.255.0 {     <---(1)
#DHCP配布するIPアドレス
    range 192.168.100.129 192.168.100.253;
    option broadcast-address 192.168.100.255;
#Default Routerの指定
    option routers 192.168.100.1;

#決まったMACアドレスにIPアドレスを指定する
#ただし、(1)で指定したsubネット内でないと無視される。
#例外として(2)のように追加subネット内のアドレスは指定できる。

    host notepc {
      hardware ethernet xx:xx:xx:xx:xx:xx;
      fixed-address 192.168.100.100;
#指定MACアドレスだけDefault Routerを変更できる
      option routers 192.168.100.1;
    }
#2つ目MACアドレスの指定
    host notepc2 {
      hardware ethernet xx:xx:xx:xx:xx:yy;
      fixed-address 192.168.100.101;
      option routers 192.168.100.254;
    }
  }
#DHCP配布するネットワーク以外にも存在する場合は記述する。
#記述がないと動かないようだ
  subnet 192.xxx.xxx.0 netmask 255.255.255.0 {      <---(2)
    option broadcast-address 192.xxx.xxx.255;
    option routers 192.xxx.xxx.9;
  }
}

起動

# /usr/sbin/dhcpd [eth1]   <--インターフェイスが複数ある場合はインターフェイスを指定する。
Internet Software Consortium DHCP Server V3.0pl2
Copyright 1995-2003 Internet Software Consortium.
All rights reserved.
For info, please visit http://www.isc.org/products/DHCP
Wrote 0 leases to leases file.
Listening on LPF/eth1/00:0c:29:03:44:24/ISMNET
Sending on   LPF/eth1/00:0c:29:03:44:24/ISMNET
Sending on   Socket/fallback/fallback-net

/var/lib/dhcpd/dhcpd.leasesにDHCPリリースのlogが残る

もし存在しない場合は(rpmインストールでは作成される)

# touch /var/lib/dhcpd/dhcpd.leases

で作成。

設定によってはリリースログが以下のファイルの場合もあった。 そのときは

# touch /var/state/dhcp/dhcpd.leases

で作成

注)MACアドレスを指定した場合はこのdhcpd.leasesにリリースlogが残らない

/var/log/messagesに

Aug 23 11:32:16 secure dhcpd: DHCPDISCOVER from 00:03:ff:e8:xx:e8 via eth0
Aug 23 11:32:16 secure dhcpd: DHCPOFFER on 10.1.6.253 to 00:03:ff:e8:xx:e8 via eth0
Aug 23 11:32:16 secure dhcpd: DHCPREQUEST for 10.1.6.253 (192.xxx.xxx.26) from 00:03:ff:e8:ef:e8 via eth0
Aug 23 11:32:16 secure dhcpd: DHCPACK on 10.1.6.253 to 00:03:ff:e8:xx:e8 via eth0

というlogが残る



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-25 (月) 11:41:40 (3615d)