Tomcat

更新日 2011-04-05 (火) 13:08:20

Javaのインストール

Tomcat 5.5からはTomcat自身にIBMが無償で提供しているJavaのJDT(Java Development Tools)コンパイラが内蔵されています。このためTomcat 5.5以降のバージョンでは、JREだけでもJSPのコンパイルを行うことが可能

ここからJRE(jre-1_5_0_13-linux-i586.bin)をDownlaod.

$ cd /usr/local
$ su
# mkdir java
# cd java
# chmod u+x /usr/local/src/jre-1_5_0_13-linux-i586.bin
# /usr/local/src/jre-1_5_0_13-linux-i586.bin
Sun Microsystems, Inc.  Binary Code License Agreement

for the JAVA 2 PLATFORM STANDARD EDITION RUNTIME ENVIRONMENT
5.0

SUN  MICROSYSTEMS,  INC.  ("SUN") IS WILLING TO LICENSE  THE
SOFTWARE  IDENTIFIED  BELOW TO YOU ONLY  UPON THE  CONDITION
THAT YOU ACCEPT ALL OF THE TERMS  CONTAINED  IN THIS  BINARY
CODE  LICENSE  AGREEMENT  AND  SUPPLEMENTAL   LICENSE  TERMS 

un grants you a  non-exclusive,  non-transferable,  limited
license without license fees to reproduce and use internally

(略)

Do you agree to the above license terms? [yes or no]
yes
Unpacking...
Checksumming... 

(略)

Creating jre1.5.0_13/lib/javaws.jar
Creating jre1.5.0_13/lib/deploy.jar

Done.

Bon Echo(Firefox 2.0)のプラグイン

/usr/lib/firefox-2.0/plugins/に

libjavaplugin_oji.so -> /usr/local/java/jre1.5.0_13/plugin/i386/ns7/libjavaplugin_oji.so

のシンボリックリンクを作成する

Tomcatのインストール

ここからapache-tomcat-5.5.25.tar.gzをDownlaod

$ cd /usr/local/src
$ tar zxvf apache-tomcat-5.5.25.tar.gz
$ cd /usr/local
$ su
# mv /usr/local/src/apache-tomcat-5.5.25 .
# ln -s apache-tomcat-5.5.25 tomcat

環境変数として .bash_profileに以下を追加

export JRE_HOME=/usr/local/java/jre1.5.0_13
or (どちらかかな?)
export JAVA_HOME=/usr/local/java/jre1.5.0_13
export CATALINA_HOME=/usr/local/tomcat

起動

# export CATALINA_HOME=/usr/local/tomcat
# export JRE_HOME=/usr/local/java/jre1.5.0_13
# $CATALINA_HOME/bin/startup.sh
Using CATALINA_BASE:   /usr/local/tomcat
Using CATALINA_HOME:   /usr/local/tomcat
Using CATALINA_TMPDIR: /usr/local/tomcat/temp
Using JRE_HOME:       /usr/local/java/jre1.5.0_13

起動確認は

http://(sever):8080/

にアクセスしてTomcatのページが開いたらOK

# ps -x
2411 ?        S      0:00 /usr/local/java/jre1.5.0_13/bin/java -Djava.util.logging.manage
2412 ?        S      0:00 /usr/local/java/jre1.5.0_13/bin/java -Djava.util.logging.manage

起動時の自動起動は/etc/rc.d/rc.localに同じ内容を記載するだけでOK

終了

# $CATALINA_HOME/bin/shutdown.sh
Using CATALINA_BASE:   /usr/local/tomcat
Using CATALINA_HOME:   /usr/local/tomcat
Using CATALINA_TMPDIR: /usr/local/tomcat/temp
Using JRE_HOME:       /usr/local/java/jre1.5.0_13

JavaVMを確認

/usr/local/tomcat/conf/tomcat-users.xmlに3行追加

<?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
<tomcat-users>
  <role rolename="tomcat"/>
  <role rolename="role1"/>
  <role rolename="manager"/>  <==追加
  <role rolename="admin"/>  <==追加
  <user username="tomcat" password="tomcat" roles="tomcat"/>
  <user username="both" password="tomcat" roles="tomcat,role1"/>
  <user username="role1" password="tomcat" roles="role1"/>
  <user username="admin" password="*******" roles="admin,manager"/>  <==追加
</tomcat-users>

Tomcatを再起動

http://(サーバ):8080/manager/status

にアクセスユーザ:admin パスワードを入力すると「サーバの状態 」というタイトルのページが表示される

またhttp://(サーバ):8080でアクセスした右ペインのadmin等はこの設定でloginできる

GROUPSEESIONのインストール

Tomcatを利用したグループウェアのGROUPSEESIONをインストールしてみる
ここから gsession2.warをDownload。

apache-tomcat-5.5.25/webappsフォルダにgsession2.warを入れて

http://[ サーバ名 ]:8080/gsession2/

にアクセスする Apacheは動作している必要はない

初期ユーザID:admin、パスワード:admin

apacheと連携させるには

httpd.confの最後に
1.mod_proxyモジュール読み込みを設定
2.mod_proxy_ajpモジュール読み込み設定
3.Locationディレクティブを追記
を追加具体的には

LoadModule proxy_module modules/mod_proxy.so
LoadModule proxy_ajp_module modules/mod_proxy_ajp.so
<Location /gsession2/>
ProxyPass ajp://localhost:8009/gsession2/
</Location>

これで

http://[ サーバ名 ]/gsession2/

でアクセスできる

バックアップと復元

スケジュールでBackUPされたファイルは「/usr/local/tomcat/webapps/gsession2/WEB-INF/backup」に「gs2_sys_backup_20071119.zip」のように残る

Tomcatを停止させて

このファイルを適当なフォルダで

$ cd ~/temp 
$ unzip gs2_sys_backup_20071119.zip
Archive:  gs2_sys_backup_20071119.zip
  inflating: db/gs2db/gs2db.7.log.db
  inflating: db/gs2db/gs2db.11791.temp.db
  inflating: db/gs2db/gs2db.data.db
  inflating: db/gs2db/gs2db.lock.db
  inflating: db/gs2db/gs2db.index.db
  inflating: db/gs2db/gs2db.trace.db
  inflating: file/2007/11/17/2

解凍すると dbとfileというフォルダが作成されるので、/usr/local/tomcat/webapps/gsession2/WEB-INFに入れる。ディレクトリ(db,file)が既に存在する場合は適当なフォルダに移動しておく

その後Tomcatを起動して確認する

Updateの方法

tomcatを停止
shutdown.shコマンド実行後 psコマンドで停止していることを必ず確認

backupを作成

# cd /usr/local/tomcat/webapps
# mv gsession2 gsession2.old

作業用ディレクトリの削除

# cd ../work/Catalina/localhost/
# mv gsession2 gsession2.old (削除だが一応とっておいた)

Virtualでは

# cd /usr/local/apache-tomcat-6.0.32/work/Catalina/www.wesden.net/
# mv gsession3 gsession3_3.1

最新バージョンのインストール

最新バージョンのgsession2.warをdownload.

# cp /usr/local/src/gsession2.war /usr/local/tomcat/webapps/

一度tomcatを起動してVerstionを確認し、その後再度tomcatを停止。
このときフォルダが作成される。

http://[ サーバ名 ]:8080/gsession2/

で接続し、ID admin パスワード adminでloginし(現在は初期状態なのでloginできるはず)

一番下にバージョン情報があるので確認しtomcatを停止

shutdown.shコマンド実行後 psコマンドで停止していることを必ず確認

GroupSessionデータベースファイルの移行

以下のようにgsession2/WEB-INF以下のdb,file,backupのディレクトリを削除(file, backup, filekanri, webmailは存在しない場合あり。)

# cd webapps/gsession2/WEB-INF
# rm -rf db
# rm -rf file
# rm -rf backup
# rm -rf filekanri
# rm -rf webmail

バックアップしたディレクトリからdb,file,backupのディレクトリをコピーする

# cp -a /usr/local/tomcat/webapps/gsession2.old/WEB-INF/db .
# cp -a /usr/local/tomcat/webapps/gsession2.old/WEB-INF/file .
# cp -a /usr/local/tomcat/webapps/gsession2.old/WEB-INF/backup .
# cp -a /usr/local/tomcat/webapps/gsession2.old/WEB-INF/filekanri .
# cp -a /usr/local/tomcat/webapps/gsession2.old/WEB-INF/webmail .

2.x.x、3.0.xでデータベースファイルの保存先変更に従ってDBファイル、バイナリーファイル、バックアップファイル、ファイル管理用バイナリーファイル、WEBメール用バイナリーファイルの保存先を変更した場合は
$BACKUP_DIR/gsession3/WEB-INF/conf/gsdata.confの内容を
$TOMCAT_DIR/webapps/gsession3/WEB-INF/conf/gsdata.confへ転記し、
DBファイル、バイナリーファイル、バックアップファイル、ファイル管理用バイナリーファイル、WEBメール用バイナリーファイルの各ディレクトリを、設定した位置へ移動。
※2.4.0からはファイル管理用のバイナリーファイルの保存先もgsdata.confで変更できるようになっているためコピーではなく転記。
※3.0.0からはWEBメール用のバイナリーファイルの保存先もgsdata.confで変更できるようになっているためコピーではなく転記。

tomcatを起動

あとは問題ないかCheck

VirtualHostで動作させる(Portは8080)

複数のドメインで個々にtomcatを動作させるには

/usr/local/tomcat/conf/server.xmlにHostを追加する

Pleskはこれを利用して、Webメニューではなくマニュアルで動作させた。

以下の変更で http://www.dcnet1.jp:8080/gsession2/http://www.dcnet2.jp:8080/gsession2/でアクセスできる

それぞれのrootディレクトリは/var/www/vhosts/dcnet1.jp/webappsと/var/www/vhosts/dcnet2.jp/webappsになる

server.xml に以下を追加

      </Host>

<!-- ここから  -->

      <Host name="www.dcnet1.jp" debug="0"
             appBase="/var/www/vhosts/dcnet1.jp/webapps"
             unpackWARs="true" autoDeploy="true">

             <Context path="" docBase="" debug="1"/>
      <!--
             <Valve className="org.apache.catalina.valves.AccessLogValve"
                    directory="logs"  prefix="cust2_log." suffix=".txt"
                    pattern="common" resolveHosts="false"/>
      -->
      </Host>

      <Host name="www.dcnet2.jp" debug="0"
             appBase="/var/www/vhosts/dcnet2.jp/webapps"
             unpackWARs="true" autoDeploy="true">

             <Context path="" docBase="" debug="1"/>
      <!--
             <Valve className="org.apache.catalina.valves.AccessLogValve"
                    directory="logs"  prefix="cust2_log." suffix=".txt"
                    pattern="common" resolveHosts="false"/>
      -->
      </Host>

<!-- ここまで -->

   </Engine>
  </Service>
</Server>


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-04-05 (火) 13:08:20 (2689d)