Analog

更新日2008-04-02 (水) 13:49:47

Analog6.0のインストール

analogをここからanalog-6.0.tar.gzをDownload。日本語化のパッチは不要のようだ。
パッチをあてないで、analog-5.32と同じようにインストールする。

Analog6.0の設定***

analog.cfgを編集

##LOGFILE logfile.log
LOGFILE /usr/local/apache2/logs/access_log
## OUTFILE Report.html
 OUTFILE /home/okada/public_html/analog/index.html
## HOSTNAME "[my organisation]"
 HOSTNAME "uso5004.abc-u.ac.jp"

以下を追加

## Edit By JE2ISM
(日本語化:UTF8 この設定だと文字化けしない)
LANGUAGE JAPANESE
LANGFILE /usr/local/analog/lang/jpu.lng
DOMAINSFILE /usr/local/analog/lang/jpudom.tab
# DESCFILE lang/jpsdesc.txt

(EUC, JIS,SJIS,UTF-8に 設定する場合はそれぞれ jpe, jpj, jps, jpuとする.)

apacheのLog形式の指定(combinedのほうが詳しいLogのようだ)

LOGFORMAT combined
(httpd.confのCustomLog logs/access_log commonをコメントアウトし、combinedのコメントをはずす)
REFREPEXCLUDE http://uso5004.abc-u.ac.jp/*
REFSITEEXCLUDE http://uso5004.abc-u.ac.jp/

GoogleやYahoo!などの検索サイトから訪問してきた場合,検索に使われた語句や単語が アクセスログに記録される.これらを解析して表示する.
ただし、文字化けする場合もある

SEARCHCHARCONVERT ON

逆引きの設定
組織別レポートなどに逆引きでドメインが表示される

DNS WRITE
DNSFILE /var/cache/analog.dns
DNSLOCKFILE /tmp/dnslock

VirtualHostで複数ログファイルがある場合

$ /usr/local/analog/analog -g/usr/local/analog/analog_hostA.cfg
$ /usr/local/analog/analog -g/usr/local/analog/analog_hostB.cfg

のように設定ファイルを複数指定する

Analog5.32

apacheのLog解析ソフトanalogをインストール analogをここから analog-5.32.tar.gzを、日本語パッチをここ からanalog-5.32-jp-1.04-patch.tar.gzをDownloadしてくる。

Analogのインストール

$ tar zxvf analog-5.32.tar.gz
$ tar zxvf analog-5.32-jp-1.04-patch.tar.gz
$ cd analog-5.32
日本語パッチあて
$ patch -p1 < ../analog-5.32-jp-1.04.patch
$ make

$ su
# mkdir /usr/local/analog
# cp analog /usr/local/analog/
# cp -a lang /usr/local/analog/
# cp analog.cfg /usr/local/analog/
# exit
$ cd ~public_html
$ mkdir analog
$ cp -a /usr/local/src/analog-5.32/images analog/

Analogの設定・起動

analog.cfgを編集

以下を変更

LOGFILE /usr/local/apache2/logs/access_log
OUTFILE /home2/home/okada/public_html/analog/index.html
HOSTNAME "uso5001.mie-abc-u.ac.jp"

以下を追加

LANGUAGE JAPANESE-EUC --->日本語の指定
LOGFORMAT combined    --->logformatの指定

以下は不要かも(データがとれない?)
REFERRER ON           --->リファラの表示
BROWSER ON            --->ブラウザのに種類の表示
自分のサイトからのリンクをはずす
REFREPEXCLUDE http://uso5001.abc-u.ac.jp/*
REFSITEEXCLUDE http://uso5001.abc-u.ac.jp/

起動確認 (Ver 6.0)

# /usr/local/analog/analog
/usr/local/analog/analog: analog version 6.0/Unix
/usr/local/analog/analog: Warning D: LOGFORMAT in configuration file
  analog.cfg with no subsequent LOGFILE
  (For help on all errors and warnings, see docs/errors.html)
/usr/local/analog/analog: Warning F: Failed to open DNS input file
  /var/cache/analog.dns: ignoring it

初回起動はF: Failed to open DNS input fileのWarning Fが出て終了まで30分くらいかかるので注意。Warning D: LOGFORMATは2回目出るが無視してもいいかも

指定したディレクトリ~public_html/analogにindex.html等のいくつかのファイルが見える。

最後にcronに登録

0 2 * * * /usr/local/analog/analog > /dev/null 2>&1

参考

Software Design 2004年10月号

Analog/maillog2commonlogを利用してmaillogの解

Analog6.0でも同じようにインストールできたようだ

上記と同じようにanalogをインストールするが設定ファイル(analog.cfg)が異なるため/usr/local/analog_mailにインストール。またanalog-5.32-jp-1.04-patch.tar.gzのpatchはあてない。
公開ディレクトリを/home2/home/okada/public_html/analog_mail/index.htmlとする。

$ cd /usr/local/src

maillog2commonlogのdownload

$ wget http://www2.ocn.ne.jp/~virii/sf/maillog2commonlog

mail用のanalogの設定ファイルのdownload

$ wget http://www.jp.analog.cx/helper/analog_mail.conf

$ chmod a+x maillog2commonlog

maillog2commonlogはperlスクリプトでURI::Escapeモジュールが必要。
ない場合はCAPNからDownload.

[インストールされているかチェック]

$ find `perl -e 'print "@INC"'` -name 'Escape.pm' -print

/usr/lib/perl5/site_perl/5.6.1/URI/Escape.pm    <---確認
/usr/lib/perl5/site_perl/5.6.1/URI/Escape.pm
./perl/URI-1.22/URI/Escape.pm
./perl/URI-1.22/blib/lib/URI/Escape.pm
($ perl -e 'print "@INC"'
/usr/lib/perl5/5.6.1/i386-linux /usr/lib/perl5/5.6.1 /usr/lib/perl5/
site_perl/ 5.6.1/i386-linux /usr/lib/perl5/site_perl/5.6.1 /usr/lib/perl5/
site_perl /usr/ local/lib/site_perl/5.6.1/i386-linux /usr/local/lib/site_perl/
  
5.6.1 /usr/local /lib/site_perl .)<---perlのインストール先の表示 
$ cd /usr/local/analog_mail
$ su
# cp ../src/analog_mail.conf analog.cfg
# cp ../src/maillog2commonlog .

analog.cfgに以下の行を追加

LOGFILE /usr/local/analog_mail/common.log
OUTFILE /home2/home/okada/public_html/analog_mail/index.html
HOSTNAME "uso5003.mie-abc-u.ac.jp"

LANGUAGE JAPANESE-EUC --->これは追加しない。
# cd lang
# cp jpe.lng jpe.lng.org

jpe.lngファイルの中で

リクエスト -> メール
ディレクトリ -> ホストもしくはユーザ
ウェブサーバ -> メールサーバ

に単語を変更する

# cd ..

日本語置換の簡単なsed
conv.sedというファイルを作成

s/リクエスト/メール/g
s/ディレクトリ/ホストもしくはユーザ/g
s/ウェブサーバ/メールサーバ/g
# sed -f conv.sed < lang/jpe.lng > lang/mail.lng

動作確認

# ./analog -settings

(略)
Default configuration file: /home2/usr/local/analog_mail/analog.cfg
(略)
Language file is /home2/usr/local/analog_mail/lang/mail.lng
(略)

等を確認する

analog_mail.shを以下のように作成

#!/bin/bash
/bin/cat /var/log/maillog > /usr/local/analog_mail/mail.log
/usr/local/analog_mail/maillog2commonlog postfix < /usr/local/analog_mail/ mail.log > /usr/local/analog_mail/common.log
/usr/local/analog_mail/analog

# chmod u+x analog_mail.sh

cronで定期的実行

13 3 * * * /usr/local/analog_mail/analog_mail.sh  > /dev/null 2>&1

参考

Software Design 2005年2月号



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-04-02 (水) 13:49:47 (3876d)