LinuxとFreeNAS間のバックアップ

更新日2012-03-19 (月) 16:18:52

FreeNASのrsyncサーバの設定

このためにユーザ:rsyncを作成

  • サービス->rsyncで
  • サーバの設定で

ユーザマッピング: rsync

サーバのモジュールで

モジュールの追加

名前:module_name
コメント:rsync area
パス:/mnt/data/rsync/
リスト:チェック
アクセスモード:読込み/書込み
(以下デフォルト[空白])
補助パラメータ
use chroot=yes
auth users=rsync
secrets file=/mnt/data/rsync/rsyncd.secrets
strict modes=true

以上を設定すると

/var/etc/rsyncd.conf

syslog facility = local4
list = no
port = 873
pid file = /var/run/rsyncd.pid
uid = rsync

[module_name]
comment = rsync area
path = /mnt/data/rsync/
list = true
max connections = 0
read only = false
use chroot=yes
auth users=rsync
secrets file=/mnt/data/rsync/rsyncd.secrets
strict modes=true

になる

保存先パスは 「/mnt/data/rsync/」

rsyncで使用するユーザ名は「auth users=rsync」で複数ある場合は 「auth users=user1,user2」のように区切る

パスワードは「/mnt/data/rsync/rsyncd.secrets」に指定

rsync:*****

注)rsyncd.secretsはオーナはrootでユーザのみ読込み可にする必要がある

# chown root /mnt/data/rsync/rsyncd.secrets
# chgrp wheel /mnt/data/rsync/rsyncd.secrets
# chmod 600 /mnt/data/rsync/rsyncd.secrets

Linuxのrsyncクライアントの設定

パスワードファイル

サーバのrsyncd.secretsに指定したパスワードのみ記述

/home/okada/himitsu/rsyncd.pass

 ******

こちらも 注)rsyncd.passはオーナはrootでユーザのみ読込み可にする必要がある

# chown root.root /home/okada/himitsu/rsyncd.pass
# chmod 600 /home/okada/himitsu/rsyncd.pass

実行

サーバ側はモジュール名「module_name」を指定

実行はroot

# rsync -avz --password-file=/home/okada/himitsu/rsyncd.pass /home/okada/bk_test rsync://rsync@10.99.99.78:/module_name

あとはcronに登録

*/5 * * * * /usr/bin/rsync -avz --password-file=/home/okada/himitsu/rsyncd.pass \
/home/okada/bk_test rsync://rsync@10.99.99.78:/module_name  > /dev/null 2>&1

同期のとき

# rsync -avz --delete --password-file=/home/okada/himitsu/rsyncd.pass /home/okada/bk_test rsync://rsync@10.99.99.78:/module_name

FreeNAS7にLinuxから自動バックアップ

FreeNASの/mnt/data/rsync/bk_testに/home/rsync/bk_testをバックアップ

Linux server

/etc/rsyncd.conf

log file=/home/rsync/rsyncd.log
[module_nas]
path=/home/rsync
comment=home area
lock file=/home/rsync/rsyncd.lock
read only=false 
use chroot=no
auth users=rsync
secrets file=/home/rsync/rsyncd.secrets
strict modes=true
uid=root
gid=root
# chown root.root /home/rsync/rsyncd.secrets
# chmod 600 /home/rsync/rsyncd.secrets

/home/rsync/rsyncd.secrets

rsync:*****

起動

rsync --daemon --config=/etc/rsyncd.conf

FreeNAS クライアント

Rsync -> クライアント で「リモートモジュール」を追加

パスワードファイル「/mnt/data/rsync/nas.secrets」に設定し、拡張オプションで指定

# chown root /mnt/data/rsync/nas.secrets
# chgrp wheel /mnt/data/rsync/nas.secrets
# chmod 600 /mnt/data/rsync/nas.secrets

freenas_rsync1.png

freenas_rsync2.png

FreeNASの/etc/crontabにできるshellにrsyncの相手のサーバのユーザrsync://user@(IP)/のuser@が作成されない。クライアントは自分で作成したほうがいいかも。

/mnt/data/rsync/rsync.sh

#!/bin/sh
/usr/local/bin/rsync --log-file=/var/log/rsync_client.log --recursive --\
times --compress --archive --delete --password-file=\
/mnt/data/rsync/rsync.pass "/mnt/data/rsync/sync_test"\
"rsync://rsync@180.131.110.210/okada"

/etc/crontab

SHELL=/bin/sh
PATH=/etc:/bin:/sbin:/usr/bin:/usr/sbin
HOME=/var/log
#
#minute hour    mday    month   wday    who     command
#
0,3,6,9,12,15,18,21,24,27,30,33,36,39,42,45,48,51,54,57 * * * * root /mnt/data/rsync/rsync.sh

添付ファイル: filefreenas_rsync2.png 146件 [詳細] filefreenas_rsync1.png 235件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-03-19 (月) 16:18:52 (2255d)