Raidリカバリ(FreeNAS)

更新日2011-10-11 (火) 12:17:33

接続HDDの確認

# egrep 'da[0-9]' /var/run/dmesg.boot
da0 at mpt0 bus 0 scbus2 target 0 lun 0
da0: <VMware, VMware Virtual S 1.0> Fixed Direct Access SCSI-2 device
da0: 320.000MB/s transfers (160.000MHz, offset 127, 16bit)
da0: Command Queueing enabled
da0: 16384MB (33554432 512 byte sectors: 255H 63S/T 2088C)
da1 at mpt0 bus 0 scbus2 target 1 lun 0
da1: <VMware, VMware Virtual S 1.0> Fixed Direct Access SCSI-2 device
da1: 320.000MB/s transfers (160.000MHz, offset 127, 16bit)
da1: Command Queueing enabled
da1: 143360MB (293601280 512 byte sectors: 255H 63S/T 18275C)
da2 at mpt0 bus 0 scbus2 target 2 lun 0
da2: <VMware, VMware Virtual S 1.0> Fixed Direct Access SCSI-2 device
da2: 320.000MB/s transfers (160.000MHz, offset 127, 16bit)
da2: Command Queueing enabled
da2: 122880MB (251658240 512 byte sectors: 255H 63S/T 15665C)
GEOM: da0s1: geometry does not match label (16h,63s != 255h,63s).

FreeNAS 8

FormatはZFSで行う
ZFS は Sun が開発し,CDDL でオープンソースとして公開されているファイルシステム.特徴として,ストレージプールの概念があり,ディスクの違いを気にせずに管理できる事や,ZFS 自身で RAID をサポートしている。

CIFS/SMB

CIFS/SMB の設定は「CIFS Shares」ではいろんなユーザが共有する場合に設定し、各ユーザのホームディレクトリをユーザごとに共有する場合は、サービスの中の「ホームディレクトリの有効化」にチェックを入れ、作成ユーザの「ホームディレクトリ」を設定すれば、そこがユーザごとの設定になる。

ZFSをミラーで作成

FreeNAS0.png

HDDの修復

ディスクの表示-> Erorr Disk を「リプレイス」し、 Error Diskを「デタッチ」 すればOKなようだ。すべてWebからできそう。

正常時

# zpool status
  pool: data
 state: ONLINE
 scrub: none requested
config:

        NAME        STATE     READ WRITE CKSUM
        data        ONLINE       0     0     0
          mirror    ONLINE       0     0     0
            da1p2   ONLINE       0     0     0
            da2p2   ONLINE       0     0     0

errors: No known data errors

HDDが不良時(HDDを取出した状態)

# zpool status
  pool: data
 state: DEGRADED
status: One or more devices could not be opened.  Sufficient replicas exist for
        the pool to continue functioning in a degraded state.
action: Attach the missing device and online it using 'zpool online'.
   see: http://www.sun.com/msg/ZFS-8000-2Q
 scrub: none requested
config:

        NAME                     STATE     READ WRITE CKSUM
        data                     DEGRADED     0     0     0
          mirror                 DEGRADED     0     0     0
            5104904834384771331  UNAVAIL      0     0     0  was /dev/da1p2
            da1p2                ONLINE       0     0     0

errors: No known data errors

FreeNAS1.png

新しいHDDを接続

FreeNAS2.png

リプレイス後

# zpool status
  pool: data
 state: DEGRADED
 scrub: resilver completed after 0h0m with 0 errors on Mon Oct 10 21:34:14 2011
config:

        NAME                        STATE     READ WRITE CKSUM
        data                        DEGRADED     0     0     0
          mirror                    DEGRADED     0     0     0
            replacing               DEGRADED     0     0     0
              14784743390809234066  UNAVAIL      0     0     0  was /dev/da1p2/old
              da1p2                 ONLINE       0     0     0  87K resilvered
            da2p2                   ONLINE       0     0     0

errors: No known data errors

FreeNAS3.png

デタッチ後

FreeNAS4.png

しばらくするし AlertをクリックするとOKになるが、表示は赤で、ステータスも「DEGARDED」のままだ。 shellで確認すると

# zpool status
  pool: data
 state: ONLINE
 scrub: resilver completed after 0h0m with 0 errors on Mon Oct 10 21:34:14 2011
config:

        NAME        STATE     READ WRITE CKSUM
        data        ONLINE       0     0     0
          mirror    ONLINE       0     0     0
            da1p2   ONLINE       0     0     0  87K resilvered
            da2p2   ONLINE       0     0     0

errors: No known data errors

Webも一度Logoutし、Loginし直すと正常に表示される


システム側のHDDの復旧

再インストールして、以下のようにボリュームの自動インポートする

FreeNAS5.png

その後同じIDでユーザを作成し、ホームディレクトを同じように指定する。

CIFSの設定では「ホームディレクトリの有効化」をチェックすること。

サービスの設定を変更した場合は一度サービスをオン・オフする必要があるかも

/mnt/xxxでZFSでmountされていた場合ボリュームをWeb上で削除してもumountされない。リブートするとumountされる

FreeNAS 7

CIFS/SMB の設定は 認証はローカルユーザにする

RaidはソフトRaidではなくZFSでMirrorを作成

ZFSで仮想デバイス作成時 名前が(1)になる

# zpool status
  pool: test  ----  (1)
 state: ONLINE
 scrub: none requested
config:

        NAME        STATE     READ WRITE CKSUM
        test        ONLINE       0     0     0
          mirror    ONLINE       0     0     0
            da1     ONLINE       0     0     0
            da2     ONLINE       0     0     0

errors: No known data errors

一台のHDDが不良時

# zpool status
  pool: test
 state: DEGRADED
status: One or more devices could not be used because the label is missing or
        invalid.  Sufficient replicas exist for the pool to continue
        functioning in a degraded state.
action: Replace the device using 'zpool replace'.
   see: http://www.sun.com/msg/ZFS-8000-4J
 scrub: none requested
config:

        NAME                     STATE     READ WRITE CKSUM
        test                     DEGRADED     0     0     0
          mirror                 DEGRADED     0     0     0
            7142271095653032901  UNAVAIL      0     0     0  was /dev/da1
            da2                  ONLINE       0     0     0

errors: No known data errors

HDDを追加し修復

このとき 交換するにはSTATEが UNAVAILの必要がある

  • ディスク -> マネージメント
  • 交換するディスクを削除(上記の場合は da1)
  • 再起動
  • ディスク -> マネージメント
  • 新しい HDDをZFSで追加

Shellで

# zpool replace test /dev/da1 /dev/da1

# zpool status
  pool: test
 state: ONLINE
 scrub: scrub completed after 0h0m with 0 errors on Mon Oct 10 10:26:44 2011
config:

        NAME        STATE     READ WRITE CKSUM
        test        ONLINE       0     0     0
          mirror    ONLINE       0     0     0
            da1     ONLINE       0     0     0
            da2     ONLINE       0     0     0

errors: No known data errors

交換終了

参考


添付ファイル: fileFreeNAS5.png 148件 [詳細] fileFreeNAS4.png 147件 [詳細] fileFreeNAS2.png 150件 [詳細] fileFreeNAS3.png 164件 [詳細] fileFreeNAS1.png 169件 [詳細] fileFreeNAS0.png 170件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-10-11 (火) 12:17:33 (2589d)